2012年04月の三次元動画記事一覧

  • 貧乳はステータスだ!! 凌辱し甲斐のあるブルマ娘が最高!

    俺は貧乳にしか興味がない。なぜなら、おっぱいの大きい女は体操服が似合わないからだ。貧乳娘を三つ編みもしくはツインテールにして、体操服をまくり上げ、貧乳を晒した状態で喉奥を突くべし! 相手が吐き気をもよおそうとも、ひるむことなく射精までピストンを繰り返すのだ。


  • 腰のくびれとボリューム感あるヒップを感じ取れる背面騎乗位

    後ろ向きで騎乗位、いわゆる「背面騎乗位」は、腰のくびれに手を回し、ボリューム感あるヒップの重量を感じ取れることができるオススメの体位だ。女性にしかない艶めかしい身体のラインは神秘的ですらある。座ってもできる体位なので、その場合は女の子の両手を後ろに引くとよい。


  • エロに目覚めた自称処女の貧乳娘が最初からイキまくり!

    「これなんてエロゲー?」と、ハメてる男たちがいぶかしく思うのも仕方がない。「初めてだから優しくして」と、不安そうな顔をしていたのは数十分前。いまは、肉棒を下の口に咥えて、激しく腰を振っている。女は平気で男を騙す生き物だから、この手の“処女詐欺”には十分注意したい。


  • 一人の女とセックスするのは100回をもって打ち止めとしよう

    一人の女とセックスするのは100回が限界だ。それが、相性がよいとされている場合でもだ。だから、夫婦になってセックスレスになるのは当たり前のことだ。そこで誕生したのが寝取られという嗜好で、自分の妻が他の男にヤられているところを想像して、相手を見直すのである。


  • マジメに勉強しろ! 生徒からの要求はエスカレートするばかり

    やる気のない生徒をなんとかしようと、成績が上がるたびにおっぱいを触らせてくれたりマンコを見せてくれたりと頑張る女子大生。見た目は遊んでいる風だが、約束は破りたくない生真面目なところがあり、そこにつけ込んだ男子は、勉強もそっちのけでエッチな要求ばかり!?


  • 強気なハルヒが何をしても許されるのはフェラが上手だから?

    エッチなことには全く興味がないと思ったいたハルヒがある日突然、「オナニーしてるとこ見せなさいよ」と、上から目線で迫って来た。ネタがないと勃たないと言うと、自分がズリネタになってくれるという。恥ずかしさから苦戦していると、手で勃たせてくれた上に口に含んでくれたのだ。


  • 善行を積むと思わぬところでご褒美フェラしてもらえるかも?

    鶴の恩返しをモチーフにしたエロ妄想とうのは、創作活動において現代でも用いられている普遍的なものだ。いいことをしたときは見返りを求めるかわりに、妄想の対象にしているといつか報われるときが来るかもしれない。夢は夢で終わったほうが、いいときもあるのだ。


  • かわいらしい笑顔で照れながらチンコをいじってくれる幼なじみ

    女の子と全く話ができない引っ込み思案の俺は、近所に住む幼なじみとだけは、マトモに会話することができる。まるで家族のように接してきたせいか、なんでも言い合える仲だ。ある日、エッチなことに興味があるかと問われ、「ある」と正直に答えたら……これなんてエロゲー?


  • 幼なじみと初めて結ばれたとき泣き出したのは非常に困った

    初エッチ後に、幼なじみのカノジョが突然泣き出した。勢いに任せて乱暴にピストンしたので、痛くて泣いてるのかと思い心配になって、黙っていると、どうやらそうではならしい。小さい頃から大好きだった自分と結ばれたのが単純にうれしかったらしい。女の涙というのはわからないものだ。


  • 何本イカせることができるか? ブルマ少女によるチン舐め競争

    男たちの挑発にまんまと乗り、ハチマキを締め気合い十分のブルマ少女。何本のペニスを射精に導くのか勝負! しかし、少女の身体めあての男たちは、チンポを頬張るカノジョを脱がしにかかる。圧倒的に不利な状況の中で、少女はあっという間に素っ裸にひんむかれてしまったのだ。


  • 【アナル書道】今年の書初めは辰年にかけて「勃つ年」にした

    新年の誓いを書くのが書初め。筆で文字を書くと味が出るものだが、アナルだとさらに味わい深いものになる。昨年は経済の萎縮とともにちんぽも縮んでしまったが、今年は元気に一年を過ごしたい。そんな誓いをこめて「勃つ年」としたのだが、締める力が限界に達してしまったようだ。


  • ううううう……。こんなの……いや……。ううう……うっ……

    彼氏との野外エッチ現場を写真に撮られ、それをネタに脅迫されてしまった彼女。身体で解決するならと許してしまったのが運のツキ。もっと恥ずかしい姿を押さえてやろうと複数人で輪姦されてしまった。もちろん、一部始終をビデオカメラに収められていたのは言うまでもない。


  • マスターの超絶テクニックに艶めかしい声を上げ続ける歌姫

    ミクは口の中に割り込んできた舌を、かわいらしい喘ぎ声とともに絡め取る。ボーカロイドは、マスターの愛情の注ぎ方により、感度が増すようプログラミングされている。歌姫ミクはディープキスで舌を絡めただけで、膣奥から大量の蜜があふれ出るまでに“成長”した。