2014年01月の三次元動画記事一覧(1~50件目)

ページ: 1 2
  • 監禁された少女は陵辱され白いパンティーを愛液で汚した

    監禁された少女は食べ物すら口移しでしかもらえない。あわよくばキスをしようとする男の唇を必死で避けるも、縛られている体は言うことを聞かない。股を広げられ、愛撫されるうちに愛液で満たされてバイブを咥えることに。大きなナルトは尻穴に突っ込まれ、陵辱されるのだった。


  • ガマンできない…わたし……もうガマンができないの……!

    美人妻は、マジメで優しい誠実な夫と幸せな生活を送っていた。夫との生活は何の不満もなかったが、学生時代に付き合っていた男とSNSで再会を果たし、すべてが狂いだしていく。身勝手で強引な元カレは彼女の心にズカズカと入り込み、28歳の人妻の肉体を疼かせていく……。


  • オマンコあ~んしてご覧♪ ほら、揚げたての熱々ポテトだよ

    教育のなってないファストフード店のバイト女にムカつく接客をされると、「この女、犯したろか!」と誰しもが怒りを感じるはずだ。こんなときに時間を止める能力があれば、制服をはだけでヤらしいパーツを丸出しにして、穴という穴にポテトを突っ込んでやるのだが……。


  • 何度果てても止むことのない凌辱地獄にグッタリする少女

    青少年の犯罪抑止のため「肉便器制度」を設けている学園は、女子生徒が当番に当たる。女の身体というのは、もともと複数の男に同時に犯されても平気なようにできており、1日中ヤられると身体が慣れてくる。しかし男子生徒の性欲は果てしなく、ボロボロになってしまうのだ。


  • マッサージ師に膣内をグリングリンされ生本番を許した少女

    エロマッサージの本番に至るまでの過程は想像を絶するものがある。言葉巧みに服を脱がしていき、相手がいぶかしがっても、マッサージの手は休めない。極めつきは、後ろからの指入れ膣内マッサージ。女が膣壁を刺激され喘いでいる最中に、すかさずベッドに飛び乗り入れてしまうのだ。


  • クラスの担任教師とハメまくる女子高の卒業記念パーティー

    女子高の新人教師となった友人は、生徒のからかいの対象となり、逆セクハラの日々を送っていた。わざとパンツを見せたり、休みの日にアパートに押しかけてきたりと、タイヘンだったが、なんとか無事に卒業式まで乗り切った。しかし、卒業パーティーでとうとう……。


  • マンコに瓶を突っ込め!生意気な女を薬で眠らせ集団凌辱

    ネットの発達により、自分の裸を見せびらかす女達が急増している。以前は、写メをさらす程度だったが、最近はニコニコ動画などで素人さんの裸を無料で見ることができるようになった。中には、オマンコにペットボトルを挿す少女も出てきて、露出内容がどんどん過激になっている。


  • バブルの再来により株長者と取り巻きが息を吹き返したぞ~

    日経平均株価は右肩上がりで順調に推移しており、参議院選挙まで下げる要因はどこにも見当たらない。地を這うような相場で損をし続けて来たデイトレーダーたちは億の金をつかみ、地道に投資を続けてればいいのに奢りが出て来て派手に遊んでいる。歴史は繰り返すのだ。


  • 子どもは親のコピーだから保母さんを凌辱するのも仕方ない

    最近、園児たちの間で流行っているのが、レイプごっこ。嫌がる女の子を集団で囲み別室に監禁し、エッチなことをするというものだ。女の子はママを真似るため、嫌よ嫌よも好きのうちで最後はあられもない声を上げる。始末に負えないのが、保母さんへの集団凌辱ごっこだ。


  • 相内 優香、女子アナ、セックスをどんな風に感じるんだ

    相内 優香、女子アナ、セックスをどんな風に感じるんだ 女性も射精をするという、前立腺があるという、でも潮吹きの現実って本当はオシッコなのだという。こんな真実を女医の 宋 美玄 先生がお笑い芸人の方たちと講義を開いているのだが、そこでの仮想実演が生々しさを出す中で、相内アナの表情が清々しく可愛いエロを醸し出している。いいねぇ~


  • プールを借り切って巨乳娘を裸に剥いて中出しするのが夢だ

    巨乳娘は所有するものではなく、視姦するものだと思っている。というのも、所有してしまうと劣化していく過程を見なければならず、切なくなってくるからだ。プールサイドでもコスプレ広場でも、裸に剥いたときの乳房の垂れ具合、乳首の向きを妄想するぐらいでちょうどよいのだ。


  • 絶対にイカない男対絶対にイカせる男結末はどうなのよ前編

    絶対にイカない男対絶対にイカせる男結末はどうなのよ前編 チュートリアルの徳井義実が”特集番組ぽこ×たて”で”絶対にイカない男に対する絶対にイカせる男というテーマでAV男優の沢井亮と、新宿二丁目のゲイであるタクヤとの対決を魅せる。彼らの自信に満ちた言葉に矛盾が生じるのか、いつかはどちらかの勝ち負けが決着を見ることになるんだね。


  • イカせた男タクヤさんゲイの誉れ高き新宿二丁目の星なのよ

    イカせた男タクヤさんゲイの誉れ高き新宿二丁目の星なのよ 絶対にイカない男対絶対にイカせる男、果たしてどちらが勝つのか?タクヤさんの『ごちそうさまでした』がその勝利宣言だった。新宿二丁目のゲイがAV男優を破った瞬間だ。バキュームフェラが火を吹いた。精を吹かした。こんな企画がTVで出来ることに日本の未来が少しだけ光るのかもね。


  • 待合室で眠りこけている間に嫁が診察室でハメられちゃった

    嫁が診察室の中で犯されているとは露知らず、旦那は待合室で眠りこけている。連休中、お腹の具合が悪くなった嫁を、救急病院に搬送。痛がる嫁を、診察室に無事送り届けてホッとしていた矢先の出来事だった。しかし嫁は診察が終わるとケロッとしており、お腹が痛いのが治まったようだ。


  • 「ねぇ、ドクター」尿検査で膣内に指を突っ込む必要あんの?

    診察中に、紙コップいっぱいにおしっこをするよう命じられた女は、恥ずかしさでなかなか尿を出せない。「そんなんじゃ検査できませんよ」。乱暴に言い捨てたドクターは、乾いたマンコをこじ開け、あくまでも仕事でやっているというふうに、指でGスポットを滑らかに刺激し出した。


  • 尻穴から白濁液を爆射! 何度もイクことできれいになるM女

    肛門から大量の液を放出する女。放出直前のアナルがヒクヒクとうごめく様子がたまらない。両手足を拘束され、長時間電マをあてられ、何度もおしっこを漏らす。ズブ濡れのマンコがテカテカと妖しく輝き、女は何度もイクことにより艶めかしさが増し美しくなるのだ。


  • 女の排泄の瞬間は想像した以上にイヤらしく興奮するものだ

    童貞だったころ、クラスの憧れの女の子が、オシッコするなんて信じられなかった。大きく股を開き、秘部を外部にさらし、チロチロと体内にたまった液体を排出する。できれば自分が便器になって、排泄の現場を真下から覗いてみたかったが、ネットの動画で我慢した。


  • ホームで車内で露出撮影を行った不倫旅行のスナップ動画

    旅の始まりから終わりまでを記録するため、デジカメで動画を撮り続けた。しかし、そのほとんどが、露出やハメ撮りの変態ムービーなってしまった。人目を避けて撮影するのは、なかなかスリルがあって刺激的。はじめはビビッていたカノジョも大胆になっていった。


  • セックスの支配権を握っているにもかかわらず男に頼れる女

    男を悦ばせることができる女は、しなを作るのが非常に上手く、根っからのエッチ好きが多いため感じやすい。身体全体が火照りで赤く染まり、顔が上気して息が荒くなる。そして、自分がセックスの支配権は握っているのだが、男がリードしているように演出ができるのだ。


  • いつでもどこでもヤらせてくれるビッチ島の女の子たちは最高

    ビッチ島の女の子はいつでもどこでもヤらせてくれる。しかも、中出しOK、というか中出しじゃないとイヤだというから、かわいい女の子に片っ端から声をはけてハメまくる。そして、ハメられた女の子たちは、笑顔で感謝の気持ちを表してくれるので、男冥利に尽きるのだ。


  • 猫タイプの女は自分の意のままにならないからかわえぇ~♪

    飼い犬タイプの女の子は、言うことすべてに素直に従ってくれて、裏切ることはないから安心して付き合えるのだが、男は気分の乗ったときだけ甘えてくる猫タイプに惹かれてしまうようだ。こちらの意のままにならず歯がゆい思いをすることが多々あるが、それはそれで楽しい。


  • 海にある公衆便所はカップルであふれ返り汁臭がキツいYO

    海の近くにある公衆便所は、カップルの恰好のハメプレイスとして盛んに利用されている。ふだんは人が通らない不便な場所にあるからだろうか。そして、カメラ小僧たちは、穴を空けたり、巧妙に隠すなどして、盗撮に励む。しっかりとエロ行為が収められたときの喜びはひとしおだ。


  • クラスメイトのザーメンを一身に浴びるツインテ少女に萌え~

    「これは何の罰ゲームなんだろう?」。少女は、男子生徒の肉棒が激しく出し入れされている最中も、夢見心地でそんなことを考えていた。横を向くと順番待ちの男子が、ペニスに手を添えて今か今かと待っている。こんなにたくれん入れたらオマンコが壊れちゃうとマジで思った。


  • 彼女に黙ってこっそりハメ撮りに挑戦するも部屋が暗くて失敗

    ケータイカメラを回しっぱなしにして、ハメ撮ることに成功したものの、暗くて失敗。エッチのときは、明りを消すよう言われているから、自動露出で動きもぎこちないものに。今度撮るときは昼間にエッチするときにしようと思うのだが、ラブホは窓が閉まったままだからなぁ。


  • 高慢な女教師の口は臭い童貞チンポでふさぐしか手はない

    のべつまくなしに男子生徒に怒鳴りつけている若手女教師が不良グループに凌辱の憂き目に遭った。女教師は威厳を保つために、常に高飛車な態度を取り続けていたが、それがあだとなり「一度痛い目に遭わせておとなしくさせよう」という結論に至ってしまったようだ。


  • 汗まみれで息も絶え絶えの姿を見るとこの娘に尽くす気になる

    そんなに感じてもいないのに、大げさに喘ぎ声を上げると男は興醒めして、硬くなった下半身がフニャッとなってしまったりするものだが、本気で感じてると思わせたら女の勝ちだ。汗まみれで息も絶え絶えになるかわいらしい顔を見ると、次も頑張ろうという気にもなる。


  • 黒髪のおとなしそうな女の子に注意! ビッチかもしれないぞ

    男とエッチしたことなんかないという感じの清楚そうな女の子が、意外に経験豊富だったときほどガッカリすることはない。「ビッチ」とは、一般的に茶髪で色黒の女の子ことを連想しがちだがとんでもない。黒髪のビッチだって世にはたくさんいるのだ。みんな、気をつけようね。


  • セーラー服マニアによって淫らに開発されちゃった女子高生

    バイトで仲よくなったJKが俺の部屋に来て、まず驚いたのが壁に貼ってあるセーラー少女の写真だ。そして、そこに写っているのは彼女自身。バイトの合間に隠し撮りしたものをプリントして貼っているのだ。カノジョは自分に見られているようで恥ずかしいと言いながらも激しく腰を振る。


  • 指マン潮噴きで床に水たまりを作るとっても感じやすい少女

    愛液が手首を伝ってポトポトと地面に落ちてきた。感じやすい少女は、クンニ責めで早々にイッたあと、男の太い指でかき回され膣内からイヤらしい音を立てまくる。膝はガクガクと震え、かわいらしい表情が見事に崩れている。下から見上げる直立した小さな乳首がなんともスケベだ。


  • 足腰を鍛えるには立ちセックスが手っ取り早いとエロコーチ

    夏休みの目標は「足腰の強化」。コーチから、ひたすらランニングをするか、ひたすら立ちセックスをするかを選べと言われ、ほとんどの少女がランニングを選択する中、一人の少女だけが立ちセックスを選択した。夏休み中は毎日のようにハメまくり、おかげで妊娠してしまったとか。


  • セックスはスポーツだ! サバサバしてるフェラ専用マネージャ

    マネージャーは、サバサバした性格の下町娘に限る。お人好しで情が厚いうえに、思いっきりがいいので、「舐めてよ」と臆することなく言えるのだ。「仕方ないわね」と言いながらも、今日もロッカールームで「ジュボジュボ」とイヤらしい男を立てて舐めてくれる彼女は天使だと思う。


  • あまり若いうちからマンコを擦られてすぎると濃くなっちゃうぞ

    元気がよくて明るくてかわいい女の子は、学園中の男たちから大人気で、エッチの申し込みが引っ切りなしに来る。最初は断り続けていたカノジョだったが、ふとしたきっかけで一人の男に身体を任せてからが、もうタイヘン。「俺も、俺も」とエッチの予約でいっぱいだ。


  • 巨尻の下に敷かれ窒息しそうになりながらエレクトする変態男

    人間、三途の川を渡る瞬間が最も気持がいいと言われてるが、どうやら本当らしい。最近窒息プレイにハマってしまったB君は、カノジョに協力してもらって夜な夜な顔の上に乗ってもらっているそうだ。カノジョはかわいらしい顔をしているのだが、見事な巨尻で彼の嗜好にピッタリだ。


  • フェラで恩返し? 人が好い運転手が助手席フェラにありついた

    若い女がコンコンと窓を叩く、なにかと思って窓を開けると、「財布を落してお金がないけど乗せてほしい」と言う。かわいそうに思った人の好い運転手は乗せてあげることに。すると女は助手席に乗り込んできてフェラを始めたそうだ。タクシーの運転手をしている友人の体験談だ。


  • 真希波にはザーメン臭と中出し後の白濁液まみれがお似合い

    赤縁メガネってだけで、中出し妄想が炸裂するのに、赤縁メガネの主が制服姿の真希波・マリ・イラストリアスとなると、我慢の限界なんてとうの昔に越えてしまって、ズボンの中で活動限界を超えて暴走した俺のエヴァは白濁液にまみれて沈黙するまで暴れ狂ってしまったのだった。


  • AV女優のように感じすぎの“自称処女”は間違いなく非処女

    エッチなことなんか考えたこともありませんとう、見た目清楚なタイプには注意が必要だ。こういうタイプは、自分が本当に思っていることを話したがらないため、男の勝手な思い込みで、脳内で処女化されてしまうことがある。女に対して幻想を抱かず、現実をちゃんと見据えよう。


  • 母娘丼の夢を達成し娘の処女を奪ったら母は家を出て行った

    成り行きで再婚したものの、年増には最初から用はない。目的は処女の娘のみ。娘は、再婚するという話を聞く前から、男のイヤらしい目つきに気づいており、それでも母の幸せを願って流されるまま生活していた。しかし男の目的が達成されたとき、母親は実の娘を捨てて出て行った。


  • 彼がオカズにしているエロ漫画の美少女に激しく嫉妬する彼女

    もともと完成された二次元の女にしか興味がなかったのだが、オフ会でオタトークに花が咲いた女の子と付き合い始めた。同じ趣味を持つ彼女とはイベント等などに一緒に行けてうれしいのだが、勘が鋭くズリネタにしているエロ漫画やエロゲーの美少女に激しく嫉妬するので閉口している。


  • 腰の動きに合わせてプルンプルンと揺れる巨乳が悩ましいぞ

    カノジョは、胸が大きくてボディバランスが悪いことを気にしているが、俺にとっては柔らかくて弾力のあるおっぱいは、触ってよしハメてよしの極上のパーツに思える。特に、バックや女性上位のときのおっぱいの揺れ方が尋常ではなく、いつも張り切りすぎてカノジュを怒らせてしまう。


  • 女医さんのアソコは鼻を突くエタノールの匂いがして清潔だ

    いつも冷ややかな目で患者を見つめる女医さんが、今日はなんだかヘン。もともと、エロフェロモンたっぷりで夜は相当乱れるのだろうなと勝手に想像していたのだが、今日は治療と称してチンポにまたがってきた。たっぷり時間をかけてザーメンを吸い出してくれ、生きててよかったと思った。


  • 例え医療行為だとしてもクスコを挿れられるのは嫌なんだよ!

    生理が来ないから産婦人科に行くという彼女を止めるのに必死だ。医者は絶対にエロオヤジで、ギラギラを光るクスコで必要以上に膣口を拡張させ、しまいにはおとなしく黙ってるのを言いことにペニスをねじ込んでしまうに違いないからだ。医者にされる前に俺が膣を拡張させてやるぅっ!


  • 柔らかめのディルドを反り返らせてGスポットをゴリゴリ刺激!

    極太のディルドを購入したものの、痛がって挿入できない。その場合は、柔らかな質感の「白い巨根」を使うといい。ニオイやオイリー感も軽減されており、万人受けするディルドとして好評を博している。亀頭や竿、玉袋にかけて適度にソフティで、グニャッとした“ふにゃちん仕様”が気持ちイイ。


  • 新品未開封の処女は美しくいつまでも飾っておきたいものだ

    処女膜が破られていない状態の女性を崇める思想を「処女信仰」と呼び、処女である美少女は何よりも歓迎される。処女好きの男はまだ「未開封」状態の女性を、新鮮な魚を求めるのと同じ感覚で話題にし、すでに「開封」済みの非処女女性を「ビッチ」として蔑むのだ。


  • お母さんの次は私の番なの? 布団の中で順番を待つ少女

    お母さんの再婚相手は、毎晩のように熟れた母の身体を求めている。母は、これまでに聞いたことのない艶めかしい声を上げてヨガリ狂う。母の傍らでセックスの現場を見つめる私は、心の中で今夜こそは今夜こそは、義父が求めてくるのを待ち望んでいたように思える。


  • 母娘丼妄想はマンコの形を想像するだけでパンツが濡れるっ

    母親の前で娘を、あるいは娘の前で母親を、という妄想……するだけなら何の罪もないのでしまくるべきだ。互いをかばい合うように抱きしめおびえる母娘を引き離し、まずは母親の熟れた肉体をいただき、ついには未成熟な娘の若い肉体を貪る義父は鬼畜の何ものでもない。


  • だから教師は止められない!! ブルマ少女たちとHな課外授業

    教師は毎年違った女の子たちと交流ができるからて止められない。ノリのよいグループが入ってきたときは、1年が楽しくて仕方がない。今日も、放課後はみんなで集まってエッチな課外授業。エッチを覚えたての3人は最初から最後までハイテンションで、ついていくのが精いっぱい。


  • 人生最初で最後のモテ期は毎日ハメまくった独身副担任時代

    友人のF君は大学卒業後に就職した女子高でモテモテという話をしたが、相手はもちろん一人ではない。エッチなことをしてくれるとわかると、処女たちが大挙して押し寄せてきたという。おかげで数年後、彼女たちのうちの一人と結婚させられるハメとなってしまったみたいだが。


  • 痛いとかイヤとか言いつつも早く終わらすために腰を動かすJK

    女というのは一度挿れてしまうと、感じてしまう身体の作りをしているため、挿れららてしまったら最後、あとは早く射精させることに神経を集中する。早くこのいやな時間を終わらせてほしいと思って、「イヤ」とか「イイ」とか言っているというのは女友達の心からの本音のようだ。


  • もっこりと土手が盛り上がった名器なJKの膣穴を鋭意拡大中

    女のアソコは子どもをポックリと産まない限り、なかなか拡大するものではない。特に、粗チンの俺には何万回出し入れしても無理だ。だから漏斗のような拡張器具を購入してガシガシを膣穴を広げている。このまま、締まりが悪くなったらと危惧はしているのだが楽しくて止められない。


  • アパートに転がり込んできたJKを縄で縛って徹底凌辱してみた

    夏休みにバイトで知り合いになったJKが、俺の部屋に転がり込んできた。なんでも両親と喧嘩したとかで泊めてくれという。「何でも言うこと聞くか?」と尋ねると、小さく頷いたので宿泊を許可し、押し入れにしまっておいた電マを取り出し、夜が更けるまで責め立てた。


ページ: 1 2