2013年06月の三次元動画記事一覧(1~50件目)

ページ: 1 2 3 4
  • 絶対に旦那バレしたくないと喫茶店で密通を重ねるカップル

    ひょんなことがきっかけで人妻と付き合うことに。しかし、彼女は決して家に上げてくれない。旦那バレを極度に恐れているからだ。喫茶店で待ち合わせてホテルにしけこむのが通常だが、欲求不満の人妻は、既に濡れ濡れのスタンバイ状態で、稀にその場でしてしまうこともある。


  • 堕ちたら負けの7日間にわたる人妻への凌辱・監禁は蜜の味

    借金を抱えていた人妻は、債権者との賭けに出た。もともと自分の肉体には自信を持っていたため、支払いを延期してくれるなら身体を明け渡してもいいと考えていたのだが、彼らは一種の“遊び”を思いつくそれは7日間にわたる凌辱に耐えたら借金をチャラにするという提案だった。


  • キスを売りにする性風俗サービスで最上の気分を味わった

    「キス」を売りにする性風俗は数あれど、キスだけでは間が持たないし、お客さんも満足しないため、おっぱいと組み合わせてサービスが提供されることが多い。しかし高級をうたっているこの店は、そんじょそこらの店とは違う。出てくる女がとびきの美人で、トロけるような舌遣いはお見事。


  • 女の子と目が合ったらヤれる夢の島へいつか行ったるどー!!

    男が思い描くパラダイスといえば、中出し放題の南の島だ。そこには、若くてかわいい娘が、ほぼ裸同然の状態で歩いており、島を訪れた旅人全員に対して、求められれば性行為は拒否しないしきたりになっている。もちろんゴムなどつける必要はなく、中出しし放題が望ましい。


  • モテ妹と非モテ兄の共同生活は危なっかしくて見てらんない

    小さい頃から「お前の妹かわいいな」と言われ続けているうちに、兄は妹をまるで自分の所有物のように愛しく思うようになった。しかし年頃になった妹に言いよる男は多く、兄は心配で心配でたまらない。以前から続けている妹の部屋の覗きだけではなく、とうとう尾行までするようになった。


  • 指マンやフェラの仕草や表情がかわいい女の子はモテるぞ

    男好きする女の子というのは、ふだんからエロオーラを出しており、「この娘としたい!」と思わせるのが上手い。しかし自分の好みでないと、思わせぶりな態度で振り回してくるので始末が悪い。同性には嫌われるこのタイプは、エッチのときもかわいらしく振る舞うのでモテモテだ。


  • 幼女ごっこで夢にまで見たプレイを体験したものの物足りない

    「お兄ちゃん、大好き♪」。そんなセリフを言ってもらいたいがために、ベビー服らしきものを着せて疑似体験してみたのだが、たっぷり膨らんだおっぱいと、女性器から発する大人の匂いに幻惑され、自分が実の兄という設定を忘れ、使いこまれたマンコに出し挿れしてしまった…。


  • お兄ちゃんのエロ同人漫画を読んで育ったJKは話が早いね

    オジさんはエッチに対してはけっこう強引で、まだ未熟なJKの性感を容赦なく開発しまくる。初めての夜、優しいのになぜか強引なオジさんにJKは、恥ずかしがりながらも小さな身体でエッチを受け入れていく。もともと、JKは、お兄ちゃんの部屋にあったエロ同人漫画で鍛えられていたのだ。


  • 女は20歳を過ぎると劣化が始まる! きれいなうちに見ておけ

    二次元と違い三次元は賞味期限が短いのは難点だ。経験豊富な人妻と寝取り感たっぷりにハメるなら話は別だが、ふつうの女は数人の男と経験を持つ20歳過ぎから劣化が始まる。瑞々しいマンコを見る機会は若いうちしかない。滅多にないチャンスを逃さないようにしよう。


  • 勉強そっちのけでエッチなことを迫ってくる生娘にメロ~ン♪

    異性やエッチなことに興味津々の女子高生。真面目で男気がないのだが、家庭教師だけには心を開いている。年上でなんでも相談できるからという理由なのだが、勉強そっちのけでエッチなことを迫って来るのには閉口する。誰だって勉強よりはエッチのほうがいいに決まってるからだ。


  • 最後の放課後ハメタイムは中出しライブでチンポは勃ちっ放し

    授業が終わると部活に所属している連中は忙しそうに部室へと移動する。我々、帰宅部の面々はいつものように、誰もいなくなった教室でハメ倒す。もうすぐ上級生がいなくなるから、今日は最後のハメタイム。特別に中出しの許可を得て、思う存分生ハメを楽しむことができた。


  • 女の価値はアナルで決まる! 指先で触れ形をイメージすべし

    アナルが汚い女はダメだ。毛1本生えてなく、ヘンなデコボコもなく、きれいなサーモンピンクじゃないと萎えてしまう。だから、エッチをするときはなるべくアナルを見ないようにして手で触れるだけにしている。見て幻滅してしまったら二度と元には戻れなくなるからだ。


  • 少女時代の性的イタズラがトラウマとなりセックスを楽しめない

    母のいない時間が怖かった。義父は酔った眼をして、横になれと命令する。反抗できないわたしに選択の余地はない。パンツを脱がされ、マジマジとわたしの身体の隅から隅まで視姦する義父の息は酒臭い。今でも焼酎の類のお酒が苦手だ。臭いを嗅ぐと記憶が呼び醒まされるから。


  • 多くの男に舐め回されたビッチJKの黒ずんだ乳首が美味すぎ

    ビッチの乳首をマジマジと見る男。「この乳首を何人の男が舐めたことか」。男の心の中は嫉妬心で燃え盛っているに違いない。男の唇はちょっとキツめにビッチ乳首をとらえ、上に持ち上げてプルプルと左右に揺さぶった。乱暴な振る舞いに反応するビッチは、いかにも気持ちよさげだ。


  • クラス一の美女にフェラされるも後ろにいる女が怖えぇぇぇ!

    クラスで一番かわいい女の子が、逆恨みからクラスの女子に手ひどいイジメに遭っている。なんでも、人の彼氏を取ったという理由だそうだ。女の子のいじめはヒドイと聞いたことがあるが、ここまでやるかと思った。頼まれてチンポを貸してるいるボクも同罪だとは思うが……。


  • 軽音楽部の仲間はいつも一緒だよ♪ ハメるのも孕むのもね…

    同じ部活動をしている仲間との連帯感は常軌を逸することがある。バスの中で、先輩が中出しされる現場を見ていたしっかり者の後輩は、チンポを挿入され気持ちよさそうに喘ぐ姿にすかさず反応。パンツを下げて「わたしにも入れてください!」と元気よくお願いするのだった。


  • 身体は嘘をつかない…貞淑な妻が淫らなメスへと堕ちていく

    近所でも美人と評判の奥さんを狙っている男性陣はボクも含め数多い。旦那が不在がちなため、いつかみんなで…という冗談ともつかない話をしていたが、それが現実となった。最初は抵抗をしていた奥さんは、挿れられてしまうと急におとなしくなり、甘えた声で肉棒を貪る。


  • 重力に逆らえない巨乳が揺れるっ! 欲求不満の人妻は最高

    おっぱいの大きい美熟女は、セックスに飢えているため、若くてかわいい男を見ると、見境なしに発情してしまうものだ。しかも経験豊富だから、喘ぎ声は若い女の子だったら恥ずかしくて口に出せない淫語だらけ。自分で発した言葉で盛り上ってるから、置いてかれることもしばしば。


  • ソックスと生足による足コキを一度に楽しむ方法を発見したゾ

    足コキに使用するソックスはブラックに限る。上から目線でおちんちんをコスコスする姿が、非常に艶かしく非常にエロティックだからだ。布地は厚いのは指の感覚が伝わらないからNG。しかし、生地が薄すぎるのも生足を変わらないからダメ。片足を脱いでもらってコいてもらうといい。


  • 上目遣いのフェラ顔がかわいい女の子とのセックスは楽しい

    「いぢめる?」という小動物的な愛くるしさを持続できる女の子とのセックスは楽しい。男の征服心を満たしつつ、気持ちいいことをいっぱいしてもらえる得なタイプで、同性からは嫌われがちだが男はこのタイプに弱い。今日はどんな気持ちいいことをしてあげようかと思えるのだ。


  • お友達がセックスをし始めたので背後霊のように寝たふり~

    飲み会のあとに、そのままの勢いで男子の家にお泊り。無害な草食系男子だと安心していたところ、早朝みんなが寝静まったところで襲いかかってきた。嫌いなタイプではないし、排卵日でちょうどエッチしたかったので、無言のまま彼を受け入れた。友達が寝たふりをしてたとは知らずに…


  • 高飛車な委員長を凌辱・監禁して自分らの言いなりにせよ!

    頭がよくて先生に気に入られている委員長は、事あるごとに俺たちをチクる。職員室に呼び出されては正座させられる俺たちはついにキレ、委員長を嵌めてホテルに連れ込んだ。しかし、プライドの高い委員長は先生に言いつけてやるの一点張り。これでは家に帰すわけにはいかない。


  • ブルマに穴を開け、生意気な口を叩く年の離れた妹を調教中

    年の離れた妹は、誰よりも早く処女喪失を経験した。処女を奪ったのは、もちろん俺だ。小さいくせに生意気な口を叩くから犯してやったのだ。泣きながらお母さんに言いつけるというから、クラスの男子にバラすぞと言ったらおとなしくなった。それ以来、生意気な口をきくこともない。


  • 処女を捨てたがってる田舎者の従妹を女にするためセックス

    東京に出たばかりで、なんとか都会の色に染まろうと努力している従妹の相談に乗っているうちに、まだ処女だということが判明し、まずはそこからだという話になった。従妹は派手に見えるが奥手で男なんて一生みつからんと切れ気味なので、まずは俺が味見をすることになった。


  • 母がいないと決まって義父に犯された記憶が呼び醒まされる

    幼少時、お母さんのいない家が怖かった。義父はいつも酒に酔っており、母がいないと必ずわたしに御酌をさせた。そして、母には絶対内緒だと言ってエッチな悪戯をするのだ。わたしは義父のことが怖くて誰にも言えずにいた。お母さんが気付いて離婚するまで義父からの悪戯は続いた。


  • 本番はヤり飽きたので勃起した貧乳乳首と腋舐めで十分だ

    たいていのプレイはやり飽きてしまい最近ハマっているのは、誰か見てるかもしれないところでのエッチ。カノジョは、ゆっくりエッチしたいというが、それでは興奮しないのだ。カノジョの貧乳をさらけ出し、腋を舐め回し、ビチョビチョに濡れたアソコをまさぐる。本番はしない。


  • 自宅で幼なじみとハメまくってたら親バレして謹慎処分に……

    幼いころから常に一緒だった近所の女の子と、ひょんなことから付き合うことになり、あれよあれよという間にエッチな仲に。家が近いということもあり、お互い行き来していたが、エッチしてたのがバレしばらく会えないことに。それでも、2人は親の目を盗んでエッチし続けた。


  • 凌辱はズリネタに最高だけどイチャラブも人間には必要だぞ

    うらあきばで紹介する同人および商業作品は、凌辱モノの比率が半分を超えている。理由は、凌辱シーンに欲情する男性がこのサイトを見に来てくれるからだ。妄想を映像や静止画にした性的なファンタジーは、現実からかけはなれて実現しにくいもののほうが人気なのだ。


  • 割れ目部分を覆う股間部分のパンストの縫い合わせが堪らん

    破けた裂け目から、生温かいお尻とパンツが湯気を立てて露出する。鑑賞のポイントは、パンスト越しに見る盛り上がった股間部分。特に、割れ目部分を覆う股間部分の縫い合わせが興奮する。パンストは厚すぎると肌の色やパンツが見えにくくなるから、ほどよいスケ感が最もよい。


  • 動画は凌辱系より甘々エッチのほうが人気があるから不思議

    うらあきばでは毎日、ズリネタになるようなシーンを切り出したムービーを紹介している。二次元より三次元のほうが人気があり、凌辱系よりもイチャラブのほうがアクセスを集める。動画からファンタジーを紡ぎ出すのは難しく、どうしてもリアルの延長で妄想してしまうのだろう。


  • いろんな女優のエッチシーンを抜きだした詰め合わせ動画

    宣材ムービーの中には、それだけで十分ズリネタになるものも多い。ここで紹介するのは、良質な宣材ムービーをつなぎ合わせたもので、多くの女優さんが、さまざまなシチュエーションでアヘ顔をさらしている。動画を1本1本見る時間がないときに利用するといいだろう。


  • 女は16歳で処女を失うと一生幸せになれるという説がある?

    「瓜」の字を縦に二分すると八が二つになることから、「破瓜」という言葉は16歳を越えたあたりの思春期を指す言葉だったのだが、「八」(女陰)に「凸」(男性器)が挿入されるイメージから、専ら「処女喪失」の意味に。だからといって、16歳までに処女を捨てなさいという意味はない。


  • セックスがご無沙汰のBBAはアソコが濡れ濡れで気持ちイイ

    年上オンリーの友人と街角ナンパ。もちろんターゲットは人妻だ。酔っぱらってハメを外した人妻は、たいてい夫婦仲はとっくの昔に冷めている。若い肉棒を咥えて、大喜びする熟したオマンコを堪能しよう。羞恥心をどこかに置き忘れた熟女は、いったん火がつくとスゴイぞ。


  • もう女なんか信じない!セックスに強いDQNに寝取られたYO

    やっとできた彼女は、ものの数カ月で寝取られてしまった。勇気がなくてキスまで到達するのに時間がかかったからだろうか? 仕事が忙しくてデートできないスキに、彼女は知人に紹介してもらった男たちと飲み会に行く、強引にお持ち帰られてしまったとのことだ。トホホ…。


  • お人形さんみたいな反応薄な女は空気嫁を抱いている気分だ

    AVを見慣れてしまったせいか、カノジョがまるで空気嫁を相手にしているようで、素っ気ない。本人は気持ちがよいというのだが、お人形さんを抱いているようで盛り上がれないのだ。セックスは相性が大事だというが、数を重ねることでもう少しマシになってくれることを願う。


  • 調教済みの娘を持つ義父は最高だぜ!性玩具と成り果てた娘

    若くて最上の身体を自分だけで楽しむのは悪いと、義父は娘を積極的に外に連れ出し、ほかの男たちに抱かせるようになった。自分は幼い頃から散々調教してきたので、自分が育てた“作品”を世に出したかったのだろう。男たちの上々の反応を見て、義父は満足そうに頷いた。


  • 処女はキケン! 図書室でパックンしちゃう構ってちゃん少女

    処女を奪ってからというもの、後輩は片時も離れたくないといったふうで、俺にまとわりついてくる。受験勉強のため図書室にこもっているときも、何かとちょっかいを出してくる。さらに、人がいないとわかると、ズボンをズリ下ろし口に咥えるもんだから勉強どころではない。


  • マンモジャJKとのエッチは抜け陰毛が口に入って大層ムセる

    もともと毛が濃いのだろう、歳の割りにはモジャモジャの女の子は、エッチに積極的で、常にアソコを濡らしている。キラキラを光るさまが、たいそうヤらしくて、たっぷりサービスしてしまう。しかし、クンニ後に口の周りが痒くなり、陰毛が口の中に残るのがちょっと気持ち悪い。


  • 摩耗しないの? 見事な手さばきでクリトリスを擦りあげる女

    エッチの最中クリをいじるのが大好きな女はエロいと相場が決まってる。最近頻繁にエッチするようになった女の子は、クリの擦り方がハンパなく激しい。自分で触って気持ちよさそうにしてるから痛くはないのだろうが、血が出たり腫れあがったりしないのかと心配になってしまう。


  • ペコちゃんみたいに美味しそうにゴックンするJKがかわえぇぇ

    いかにも美味しそうにザーメンをゴックンしてくれるカノジョが堪らなく愛しい。唇の周りにハミ出した液体を、ペコちゃんみたいに舌なめずりして舐め取る仕草がかわいらしく、うれしくてディープキス。突然のことに驚いたカノジョは顔を赤らめて、いつもよりエッチが盛り上がった。


  • 紺地に白濁液が見事に映える! ブルマ少女は外出しに限る

    決して脱がしてはいけないブルマ少女と尻コキをしていると、気持ちが昂ぶってきて、ついつい横から挿入してしまう。すっかり濡れそぼってホカホカのマンコはとっても気持ちがよく、ついつい激しくピストンしてしまい血が出ることもしばしば。濃紺のブルマに射出するのが好きだ。


  • 1年に1度優秀な女生徒とハメると決めている頑固なエロ校長

    もうそろそろソッチのほうは引退なさいなと、よくできた奥さまに口を酸っぱくして言われているらしいが、新任のときから心に決めたことだから曲げることはできないらしい。今年も学年で一番優秀な少女が校長の毒牙にかかる。老獪な舌先は少女の最も敏感な部分を擦り上げた。


  • ポニーテールだったら騎乗位かバックで尻尾を揺らしまくろう

    ツインテールが根強い人気を博しているが、実はポニーテールの女の子も相当かわいらしい。耳の横から垂れさがる髪の毛が、なんともいえない色気を醸し出すからだ。ポニテの女の子は、絶対に正常位はダメ。せっかくの髪型がつぶれて見えなくなってしまうのはなんとも惜しいのだ。


  • 教師でよかった~♪ 肌がスベスベの処女以外は女じゃない

    とある学園のロッカールーム。いつものようにコーチは少女の未成熟な全身をまさぐる。一方の少女は嫌な顔ひとつせず、それがあたかも当然かのように受け入れる。退屈なことや煩わしいことが多いが、教師を選んでよかったと思う瞬間だ。逆に、これがなけりゃやってられないがな。


  • 「中に出していいのよ」と母さんの三段腹が激しく揺れるっ!

    セックスは母に教わった。いまでも街中を歩いている主婦を見ると母さんを思い出す。俺がポチャ好きなのは母さんのせいだ。ハメている最中にブルンブルンと揺れる三段腹が脳裏に焼き付いて離れない。特に正常位のときは、腹の揺れが気になって仕方なくエッチに集中できないのだ。


  • 「ママの身体でお勉強しましょ」風呂場における性教育の実際

    立派な母親になろうと意気込んでいるママは、性に目覚めたばかりの息子に、自らの身体を使って“教育”を行う。促されるまま指を這わすとぽってりした肉厚の大陰唇とヒダヒダの小陰唇の感触が伝わってきた。想像もしていなかった複雑な造形に興奮を覚え夢中になっていく自分がいた。


  • 常にハイテンションのチアガール娘にお見舞いはムリだった

    試合で骨折した選手のもとへチアガールがお見舞いに訪れた。これでしばらくレギュラーの道が遠のくと落ち込んでいる彼を励まそうと彼女は必至だ。彼が最も喜びそうなことを始めたのだが、徐々に自分の方が昂ぶってしまい、周囲の迷惑もかえりみず大声を上げてしまうのだった。


  • 我慢は身体によくないとばっちゃまに教わったから即ハメだ!

    我慢が足りないと教師に怒られてばかりの劣等生2人がカップルになった。するとたちまち、いつでもどこでもヤりたいときにヤる、ふしだらな関係に。彼女はいちいちパンツを脱ぐのが面倒くさいらしく、デートのときはノーパンが常だ。こんな“性”活を続けていて孕まないわけない!


  • 「いや、やめて…」服を脱ぐのに協力してくれる人妻は最高!

    女とは本当にわからないものだ。「いや」っていうからしないと拗ねるし、パンツに手をかけると「やめて」といいつつ、脱がしやすいように腰を上げてくれる。「本当はしてほしいんじゃないの?」と聞くと、そんなことはないというふうにかぶりを振りながらもアソコは濡れている。


  • 「れろ、んちゅ、れろろ……っ」ママのアソコ、甘くて美味しいよ

    「あっ、はっ、はぁ、はぁ、んく、ああぁ……っ」。自分の陰部を舐めることで興奮している息子の姿に、思わずドキドキするママ。包皮越しでもクリトリスへの刺激は思わず声が出てしまうほど快感が大きい。息子はママの秘部から漂うフェロモンに興奮しながらクリ舐めに勤しむ。


ページ: 1 2 3 4