2013年05月の三次元動画記事一覧(1~50件目)

ページ: 1 2 3 4
  • 使った金は数百万!? 憧れのメイドさんとハメる夢がかなった

    これまでメイド喫茶にいくら金をつぎこんだだろう。通い続けて3年、すっかり打ち解けたメイドさんと、個人的にデートできることになった。お店に出るまでの短い間にホテルに連れ込み、口説きに口説いて念願のセックスまで漕ぎつけることに成功。いや~、人間言い続けてみるもんだ。


  • コミュニティーの男たちに股を開くようなビッチに罰を与えよ!

    ネットのコミュニティで知り合った女といい関係になった。ところが、カノジョは有名なビッチで、自分のことを褒め称えてくれる男には、すぐに股を開くらしい。悔しいから、ダイレクトメッセージで仲間を募り、カノジョを嵌めてみんなで監禁・凌辱することにした。ざまあみろ。


  • 「お兄ちゃん、一緒にお風呂入ろ♪」いつまでも子どもと思うな

    夏休みになると家に泊まりに来る従妹と一緒にお風呂に入っていたが、さすがに俺も中学生。うっすらとチン毛も生えてきて、性の知識も十分についてきた。それなのに、それなのに、一歳下の従姉は、さも当然とばかりにお風呂にさそってくる。ボ、ボッキしちゃうじゃないか!


  • 女性器は見えたり見えなかったりするのがエロいと思うのだ

    乳首もポロリが最もエロいように、お●んこも、ずーっと見えているのは、あまりエロくない。かといってスク水のように厚い生地だと、いじったり挿入したりするのがタイヘン。ふだんは隠しておいて、見たくなったとき、触りたくなったときに、横にズラして見るのが最もエロい。


  • オナニーのしすぎでお●んこが真っ赤に腫れ上がっているゾ

    オナニーの快楽に目覚めてしまった少女は、出先でもローターが欠かせない身体になってしまった。オナニーのしすぎで、アソコは赤く腫れ上がり、痛々しいことこのうえないが、それでも少女は、猿のようにオナニーを止めようとはしない。女のオナニーはそんなに気持ちいいんか?


  • 指ドリルとチンポドリルで貫通されられちゃう町工場の現場女

    街の工事現場で、逞しい男達に交ざって力仕事をしているお姉さんを見かけるとハッとすることがある。トラックの運ちゃんが女だったときも、同様の胸のトキメキを感じてしまうものだ。そんな汗にまみれた現場女は、男達によって力づくで犯されてしまう運命なのだ。


  • 誰もいないオフィスでするセックスはスリル満点で大興奮!

    月曜日に行われるプレゼンのために休日出勤してたときのことだ。上司にも同僚にも内緒で付き合っている、同じ課の後輩も手伝いにきてくれた。しかし、仕事がはかどるどころか、いつもとは違う雰囲気に若い2人は発情してしまい、ついにはオフィスで本番までしてしまった。


  • 女は素っ裸にせずソックスなどを残したままハメると興奮する

    女は生まれたままの姿にするよりは、服を一部残したほうがエロい。たとえば、Tシャツだけ残して全部脱がすとか、パンティは足の途中に残すとか、中途半端なほうが、かえって興奮するものだ。特に靴下やソックスは脱がさず残しておくと、ふだんは見られない姿にフルボッキ確実だ。


  • 現役女子高生との恋愛およびセックスは制服持参が原則だ

    現役JKと恋愛関係になり、いよいよセックスまで許してくれるまでの仲になったら、ぜひとも制服持参でホテルに向かいたい。カノジョは、シャワーを浴びたがるだろうが、許してはダメだ。汗の臭いを十分に嗅いでからにしよう。シャワーから戻ったら、もう一度制服を着てもらうのを忘れずに!


  • やっぱり処女が最高!セックス上手よりぎこちない女が好き

    他の男に開発済みの女は、セックスに前の男の嗜好が自然と出てしまうので興醒めだ。しかも、テクニックが抜群だったりすると、過去に仕込まれた経験が脳内にイメージとして浮かび上がってきて、嫉妬にもだえてしまう。ぎこちなくても、未経験の女じゃないと嫌なんだ。


  • お●んこをグショグショに濡らす潮吹き女がかわいすぎて死ぬ

    女の子は体調によって感じやすい日と、感じにくい日がある。この日はアタリだったみたいで、会ったときからHしたいオーラが満載。案の定、アソコに指を入れるとビチョ濡れだった。「そんなにしたかったのか?」といじわるを言うと、照れたように横を向くカノジョがかわえぇぇ。


  • 旦那が不在時に家に上がり込んで美人な若妻を寝取り!

    SNSには昼間から日増してる主婦がわんさといて、出会いの機会をうかがっている。車を持っている男は、かなりの確率でゲットできるらしいが、貧乏学生の俺にそんな金はない。しかし、時間はたっぷりあるので、足を使って指定の場所に駆けつけるようにしているのだ。


  • フェラ嫌いを公言している女を従わせたときが男の勝利だ!

    女は付き合いだすと、どんどん図々しくなっていく生き物だから、時々締めなければ、増長するばかりで手がつけられなくなる。フェラ嫌いの彼女だったら、セックスのときに無理やり口に捻じ込み反応をうかがうといい。ペッと吐き出したら、その女とは即刻別れたほうがいいぞ。


  • 処女調教楽しい!マングリ返しに照れる女の子がかわえぇぇ

    処女をゲットしたときの楽しみは、膣穴が拡張するまでセックスするに尽きる。チンポの握り方やしゃぶり方がなっていない段階から性技を仕込み、「こんなことまでするの?」と言わせるまで徹底的に辱めを与えるのだ。すべてが初めての経験だから、こっちも興奮するぞ~。


  • 釣りの渡し方がなってないコンビニバイト女のマン型をコピー

    昼間のコンビニ店員は、あまり失礼な態度を取ることがないのだが、夜のコンビニの店員はなってないのが多い。生気のない表情でダラダラとレジを打つから、ムカつくことこの上ない。こんな女は、穴ぐらいしか使い道がないのだから、せめてお客さんに開放してほしいものだ。


  • ロリ巨乳のおっぱいがプルプルと揺れるまで激しく突き上げろ

    男はおっぱいが好きだ。そして幼い女の子も好きだ。しかし、幼い女の子の胸はペッタンコなため、どっちを取るかという選択を迫られてしまう。そこで登場したのが、幼い顔立ちでおっぱいが大きい「ロリ巨乳」だ。男の2大欲望をかなえる、この手の女の子はモテモテなのだ。


  • 美人アナウンサーの口にいきり勃ったペニスを突っ込むのだ

    アナウンサーといえば、高嶺の花で、テレビから羨望の眼差しで見ている我々とは無縁の存在だ。美人でないとなれない職業だから、カノジョたちは当然モテモテ。高年収の男たちと毎晩のようにハメてるに違いない。あ~、きれいな声が台無しになるくらい喉の奥まで突っ込みて~!!


  • 深夜の廃墟でハメるバカップルって勇気があると本気で思う

    誰に見られてるかわからない、“住人”がいるかもしれない。そんな恐怖から誰もよりつかない街の工場跡は、カップルたちの夜のデートコースとしてにぎわっているらしい。そんな話を聞きつけ、カメラを持参して行ってみたが、待ってるほうが怖くて、すぐ家に帰ったよ。


  • 自然に囲まれたキャンプ場でモーニングフェラが気持ちえぇ

    キャンプ場の小さいテントの中で若いカップルがイチャイチャしてる。小さなテントで肩を寄せ合い寝るのだから、ロマンチックでよいのかもしれない。狭いテント内で夜通しセックスしたあとは、朝食前のモーニングフェラ。大自然の中のフェラは想像以上に気持ちがいい。


  • 従妹と一線を越えてしまったら破局を迎えるまで突っ走れ!

    一線を越えてしまった男女は、背徳感と性欲のただれた日常の中で、ひたすらお互いを貪り合う関係となる。小さい頃から一緒に遊んでいた従妹とエッチをする関係になったとたん、抑圧されたすべてが解き放たれ、いつか終わることがわかっているからこそ燃え上がるのだ。


  • 廃墟におけるコスプレ撮影で気を付けなければならないこと

    コスプレ撮影が好きで全国の廃墟をコスプレイヤーと一緒に巡っては際どい写真を撮り続けている。廃墟撮影で危険なのは「住人」がいたときだ。追いかけまわされることも多い。ただし、廃墟でエッチしているカップルも時おりいるので、そのときはシャッター音を消して盗撮に励む。


  • たまりにたまったザーメンを顔面で受け止める白衣の天使♥

    給料が高く高齢化社会で需要が途切れないため、看護師志望の女性は増加する一方だ。入院期間中一度もオナニーをしなかったため、見習い看護師の顔面はザーメンまみれ。無理やりしちゃったけど美味しそうに舐めてくれたから、きっと白衣の天使になれるに違いない。


  • レッスンプロの滑らかな腰の回転でする尻コキが気持よすぎ

    いつまで経ってもゴルフが上達しないため、レッスンプロに教わることにした。もちろん金を払うのだから若い女性を指名。腰の動きがよくないというので、お手本を見せてもらうことに。腰に手をあてて回転を確かめてほしいというから、気づかれないようチンポを出した。


  • かわいいウェイトレスにお手ふきでゴシゴシと拭いてほしいゾ

    風俗に行くお金はないので、喫茶店などでかわいいウェイトレスを見つけたら、目の前でわざとジュースをこぼして拭いてもらうことにしている。もちろんズボンの中身もだ。本当は、向こうがこぼしてくれると頼みやすいのだが、そうはうまくはいかないものなのだ。


  • ぽっちゃり女性の人気が急上昇!? ストレス過多でブーム到来

    ストレス過多で太目女性を好むようになるとの学説発表されてから、ぽっちゃり女性の人気が急上昇している。とはいえ、太った女性に対して安定した需要があるのは以前からの傾向としてあり、一種のフェチとして「デブ専」という言葉もあるくらいだ。確かに、癒されるよね~。


  • 夏休みにお小遣い欲しさで始めた“売り”が癖になっちゃった

    メディアが言うほど“売り”は特別なものではなく、ネットが発達しているから、お金が欲しくなったらすぐに相手が見つかる。怖い経験はなくみんな優しくしてくれるし、自分も気持ちよくなれる。何よりも、自分が必要とされている気がして止めることができなくなった。


  • 酒池肉林とはこのこと!独身教師も加わっての種付け授業

    少子化を食い止めるべく各地に作られた「孕ませ学園」は、一定の効果を上げるようになった。年頃の男女を集めて共同生活を行っていれば、動物園の檻の中にいるメスとオスよろしく自然と交尾を始めるものだ。教師はすべて独身と決まっているため、年上好きにも好評だぞ。


  • 淫靡な雰囲気が漂う夜のプールで行われる“秘密の特訓”

    顧問に居残りを命じられた女生徒は、夜のプールで白い肌身をさらした。夜の闇が広がるプールは、物音ひとつせず、ただ男女が交わる肉々しい摩擦音だけが響く。顧問はスピードを上げるために必要なことなんだと説明するが、ヤられている生徒はただただ気持いいだけだ。


  • Hをしてからフェラで毎朝起こしてくれるようになった幼なじみ

    小さいときから常に一緒に行動してきた近所の幼なじみは、寝坊しがちな俺を毎朝叩き起こしに来る。しかも布団に入ってきて、くすぐって起こすもんだから、間違いを起こすのは時間の問題だった。勃起したペニスが彼女にあたり興奮した俺は思わず抱きしめてしまったのだ。


  • 足舐めオヤジの舌先はヤスリのようにザラザラして尖ってる

    今日相手をしたおぢさんは、とにかく足を舐めるのが好きだった。「汚いからダ~メ~♪」と逃げようとしたら、おぢさんは余計に興奮したらしく足を両手でつかみ、足裏の垢まで舐め取りそうな勢いで舌を這わす。最初はくすぐったかったけど、すぐに気持ちよくなれた。


  • 結婚願望の強いカノジョの無防備な開脚についOKしちゃうぅぅ

    小動物的なカノジョは、Hのときにますますかわいくなり、どこまでも肉棒でいじめ抜きたくなる。口にこそ出さないが、年頃ということもあり、結婚願望が強そうで、それを言い出さないカノジョがかわいすぎて、思わず中出ししてしまいそうになることがある。あー、危なかった。


  • カノジョとは身体の相性はよいが正直セックス歴に引いた…

    来る日も来る日もお互いの身体を求める日が続き、それでも飽きないんだから、お互い身体の相性はバッチリなんだろう。感じやすく何度もイっちゃうカノジョだが、俺の前には相当の数の男とセックス経験を積んできたらしい。カノジョは平気で話すが、俺の心はボロボロだ…。


  • フェラは手を使わせない派だが持ち方がかわいいから許す

    フェラは手を使わせない派だが持ち方がかわいいから許す唇と舌だけでご奉仕させたいので手コキで楽をしようとする女が嫌いだ。フェラは手を使わせない派である。肉棒を見上げる形に正座して膝の上に手を置くか、背中に回してが断然いい。でもこの娘だけは、おちんちんに添えた手までかわいいから、特別に手を使うことを許そうと思う。


  • 女を凌辱するのが生き甲斐の変態ドクターが本領を発揮した

    新型ピストンロボ」は、AC電源使用で安定かつ力強いピストン運動を見せるリアルセックスマシーンだ。人肌に温まるディルドや双頭ディルドなど、さまざまな工夫が凝らされているのも面白い。しかし、この博士は、とんでもない凌辱マシーンを作り上げてしまったようだ。


  • マッサージ師のテクニックに溺れ快楽にまみれるエロ若妻

    定期的にかかりつけの整体師のところへ通う妻が、どうもおかしい。マッサージだからスッキリして帰ってくるのは当たり前なのだが、顔が火照っておりツヤツヤしているのである。おまけに、機嫌も随分とよくなり俺に優しくしてくれるから、やましいことをしてそれを隠しているのではないか?


  • 釣鐘型おっぱいをした美人人妻が男を誘い入れる背徳の館

    一線を越えてしまった男女は、背徳感と性欲のただれた日常の中で、ひたすらお互いを貪り合う関係となる。この人妻も、一見何不自由ない生活を送っているのだが、唯一の不満が旦那との夜の生活らしい。欲深い女は、昼間から男を連れ込み、堕落した生活を続けているのだ。


  • 女同士の争いはエロい!性的な意味での職場いじめが横行

    男同士のいじめは、目に見えるぶん悪質ではないが、水面下での女同士の争いは手のつけようがない。競争心をあおると、自分を向上させるのではなく、ライバルの足を引っ張るのが常。異性関係が乱れているという出鱈目な噂を流し、とことんまでいじめ抜き職場を追い出してしまう。


  • 授業態度の悪い女生徒のアナルに極太の浣腸を突っ込め!

    学級崩壊が叫ばれて久しいが、当学園では正常な授業を阻害する生徒に対し浣腸による制裁が許されている。しかし出来の悪い娘は、つまらない授業をジーッと聞いているよりは、浣腸されて便意を我慢したほうがマシだと思ってしまうようで、むしろ楽しんで罰を受けているふしがある。


  • 処女は金で買える! 世の中、顔か金がすべてでほかはない

    生きていて楽しそうに見えるのは、生まれついての金持ちか、イケメン男だ。日本では戦後から平等主義を掲げる教育が行われてきたが、世の中に平等というものどこにもなく、不平等なことだらけというのは社会に出ればすぐにわかるはず。モテ非モテは生まれたときから決まってるのだ。


  • 女はおっぱいがすべて!しかし重力に勝てないのが三次元乳

    男のおっぱい好きというのは、赤ちゃんの頃に植え付けられたものなので、生涯変わることはない。そして、「大は小を兼ねる」という言葉があるように、より大きなおっぱいを好むようだ。しかし、二次元乳のような完璧なおっぱいというのは世の中には存在しないのも事実だ。


  • 快楽に溺れた女子高生がオマンコをビチョ濡れにして自慰行為

    生まれつき持ったものか後天的なものか、セックスが大好きだという女の子は確実に存在し、授業中もエッチな妄想をしてはアソコを濡らしている。濡れ具合も人によるのだが、洪水のように膣奥から流れ出す淫水はパンツを濡らし肉棒が挿入されるのを待ち望んでいる。


  • 景気回復で会員が急増したスポーツクラブは大人の社交場

    スポーツクラブに、お客さんが戻ってきている。しかし景気がよいのは極一部の富裕層だけであり、それだけにお金は有り余るほど持っているため、スポーツインストラクターのお姉ちゃんにもモテモテ。調子に乗った男たちはチンポを擦りつけても笑顔のインストラクターを食いまくる。


  • リア充はSNSでいとも簡単に若い女の子を調達できるらしい

    友人のリア充の話を聞いているとムカムカすることが多い。高級マンションに一人暮らしのため、しょちゅう若い女の子を連れ込んではエッチばかりしているらしい。なんでも、女の子の調達はSNSで簡単にできるというから、俺も登録してみたがさっぱりモテない。トホホ…。


  • 着痩せするタイプの女は脱いだときのギャップで飯三杯イケる

    服を脱ぐと見た目とは違い豊満な肉体を見せつける女がいる。俗に言う着痩せするタイプの女だが、見た目と脱いだあとのギャップが大きく、非常に興奮するものだ。女もそれを自覚してか、ものすごくエッチになったりする。一般的にエロい女というのはこのタイプに多い。


  • 優しいお兄ちゃんたちだと思ってたのに…海の家で起きた悲劇

    海の家のバイトの目的といえば、目の保養とナンパだが、男たちは“出会い”がないことに飢えていた。毎日のように女の子たちにアプローチするのだが、振られてばかり。夜はサミシく宿でオナニーという生活を余儀なくされた。欲求不満のハケ口となるのは、常にいたいけな少女だ。


  • 背伸びをして不良グループにHさせたらとんでもないことに!

    派手に男遊びをしている女の子が以外とマジメで、クラスの委員長を務めるような清楚に見える女の子が積極的だというのは、SNSのやり取りから容易に判明する。家に引きこもって「つながっている」うちに身も心も許し、ヤらせてくれる女というレッテルが貼られてしまったのだ。


  • オレはそういう人間だ! 息子のカノジョを寝取る絶対的な父

    家では絶対的な権力者で子だくさんの父は、娘にこそ手を出さないものの、息子のカノジョには平気で手を出す。「血がつながってないから問題ない」とうそぶき、若い女を「味見」するのだ。この家では嫁に来る女性に逃げられ続けており、父を止めるべき娘たちは家を出て行った。


  • お遊びが過ぎてイったあとに必ず潮を吹くようになってしまった

    潮を吹くAV女優を見て真に受けてしまい、指の曲げ方や出し挿れを熱心に研究していたF君は、とうとう念願の潮吹き女を手に入れることができた。カノジョは優しいいい娘で、F君の夢をかなえようと、大量の水を摂取しておしっこをまき散らす。おかげで膀胱炎になってしまったらしい。


  • 美人女教師のお色気作戦で入学を志願する童貞男子が急増

    私立の学園は儲からないと維持できない。そこで校長が考案したのが、男子校にして美人教師をあてがうという作戦。面接時に味見をしてパスしたお色気たっぷりの女教師が童貞男子たちを次々に筆おろし。女教師はたいてい年下の男が好きなため、両者が幸せになれると大好評だ。


  • ちゃんと避妊しようよ!○学生に性教育は必要かもしれない

    ヤりたい盛りのお兄ちゃんと大人の世界に憧れを持つ少女たち。少女は、ひとたび外の世界とつながってしまうと、そこからさまざまな知識を吸収し、自らを性的な存在として振る舞うようになる。本人たちをいい気にさせて、あわよくば食っちゃおうと狼たちが考えているとも知らずに。


ページ: 1 2 3 4