2012年01月の三次元動画記事一覧(1~50件目)

ページ: 1 2
  • バスガイドをしていると聞いていたが移動風俗店舗だとは…

    合コンでカノジョができて有頂天になっていたところが、ドン底まで落ちるハメになった。カノジョの制服姿はさぞかわいいだろうと、出勤時に尾行したのが運のツキ。人生、知らなければよかったと後悔することがたくさんあるものだが、これが生きてた中で一番ツラかった。


  • 女に貢がせている男が寝取られたなんて騒ぐもんじゃない!

    「キャバクラ嬢のヒモをしていますが店で何されてるか気になって仕方がありません」。後輩からそんな相談を受けたが、惚れた男のために身体を張って稼いでいるんだから文句は言えないと思ったが、モチモチの肌と形のよいおっぱいが脳内イメージとして浮かび、無言を通すことにした。


  • 童貞チンポの臭いが大好きというエロ女教師がBBAになり解雇

    年下の男が大好きで、追っかけまでしていたM子は、念願かなって高校教師になることができた。若い頃はモテモテで、毎日のように童貞チンポを美味しくいただき顎を痛めてしまった時期もあったようだが、BBAになった途端「逆セクハラだ」とチクられ懲戒解雇処分となった。


  • 一度に缶コーヒーぐらいあるという豚のザーメン量はスゴかった

    獣姦といってもリアルではなく、豚やライオンのお面をつけた男たちによる凌辱AVなのだが、非常に生々しくてよい。特に豚のペニスから発射されるザーメンの量がハンパない。ホンモノの豚はもったいなくて外出しなんかしないだろうが、この豚は惜しげもなくぶっかけるのだ。


  • 髪コキ自体は気持ちよいものではないからフェラをプラスしよう

    サラサラした長髪の女の子を見ると、思わずペニスを巻きつけたくなる。きれいなキューティクルをザーメンで汚してやろうという残酷心が働くのかもしてない。しかし、いざ巻き付けてみても、結局は手でシゴくのと変わらない。だから、たまにお口に含んでもらうといいだろう。


  • 挿入でお目覚め! 早朝SEXが最も幸せを感じることができる

    三連休は朝日輝く温泉旅館の和室でSEX三昧。夜に行う秘め事も淫靡でよいのだが、朝のまばゆい光の中でするセックスも最高だ。前をはだけた浴衣の間から露出するスベスベの肌が朝日に映え、陰毛や濡れそぼったまんこが陽光に輝き、爽やかな気持ちでピストン運動ができるぞ。


  • んあああっ……お、おっきい……すごくうっ。お、おっきい……

    「どうしたの、したいんじゃないの?」。挿入をためらっている俺を見かねて、カノジョが行為を促してきた。俺のことを心配そうな顔でじーっと見つめ、手を取り、濡れたそぼったアソコへと誘導する。「入れてみたいでしょ? 入れてみたいよね?」。柔らかい感触は、俺の理性を吹っ飛ばした。


  • オナニーをしたことないという女の子の言葉に騙されないように

    女は嘘をつかないと、せちがらい世の中を渡っていけない弱い生き物なので、「オナニーなんかしかことないよ~w」とかわいく答えても、決して信じてはいけない。幼いころなにかの拍子で感じやすい部分に物があたったときから、女のオナニーは始まっているのだ。


  • 明るくマングリ返しされちゃうJKのオマンコはガバガバだった

    恥ずかしいといってアソコを手で隠しても、それを振り払うのが男というこも。優しく手を持って横にズラせば、案外簡単にカノジョの恥ずかしい部分を見ることができる。ふつうは羞恥心で顔が赤くなり押し黙るものだが、この娘は底抜けに明るく恥じらいというものを感じない。


  • 正月に会えなかったサミシサからか感じすぎな少女の痴態

    僕には家族がいるので、会いたいと思っても会えない時期がある。最近は、お盆休みというものが形骸化し、みんな好きな時期に休むようになったから、夏休みはいいのだが、問題はお正月だ。たった1週間なのに、こんなに長く感じるなんて。それはカノジョも同じだったようだ。


  • 制服OK、ブルマOKなツインテ妹に魅力が足りないわけない

    最近Hを迫ってこないお兄ちゃんに妹が甘える。「私なんか魅力ないもんね」。でも、お兄ちゃんのリクエストにお応えして、ブルマ持参でお兄ちゃんの部屋にやってくる。ベッドに横たわった妹の制服を脱がして、清楚な白な下着姿に。体操服を着せると「恥ずかちぃぃ」と言いつつも。


  • 「婚活」は良種の子種をもらうためにあると割り切れるOLたち

    先行き不透明な時代に結婚なんてするもんじゃないという意識が独身男子の中に蔓延している。そんな時代の気分を敏感に察したOLたちは、合コンで意気投合した男子と積極的にエッチをする。孕んだら結婚してくれるかもという淡い期待と、子どもを育てて養ってもらうためだ。


  • 結婚するまで処女を守り通すという決意が脆くも崩れ去る瞬間

    挿入は絶対にダメと言っても、ペニスの届く範囲に穴があったら入れてしまうのが男というものだ。お願いされて「素股なら……」と許してしまった彼女が悪い。挿入されてしまうと、身体を言うことを聞かなくなり、抜きたいと思っても抜けない自分に歯がゆい思いをした。


  • 寝取られ妻を犯すなら夫の目の前でヨガリ狂わせるに限る

    寝取り・寝取られのクライマックスは、本来のパートナーの目の前で性的なスペックの違いを見せつける。夫とのセックスでは見せたことがない乱れた姿を晒す妻。フェラNG、騎乗位NGだった妻が、見知らぬ男のモノを咥え、自ら男の肉棒に跨り腰を振りたてあられもない声をあげる。


  • 汗とおしっこの交ざったJKの処女マンコじゃないと興奮しない

    エッチするときは性器をきれいに洗ってから臨むのがセックス時における最低のマナーとされているが、誰もいない教室で放課後にしたクンニの味が忘れられなくて、いまだにあのときの強烈な臭いを追い求めている。大人の女性には出せない、幼さが残るおしっこの混じった臭いなのだ。


  • 【後悔先に立たず】休日パンストSMプレイに興奮して中出し

    とうとうやってしまった。休日だけど出かける金はなく、狭い部屋で2人きりでいるうちにムラムラしてしまった。今日は、パンストを縛ってソフトSMプレイを楽しんだのだが、最後がヤバかった。お互い興奮して最高に気持ちよかったのだが中出ししてしまったのだ。次の生理が来るか心配…


  • 風呂場でも手をつないでくる甘えん坊の妹と濃厚なセックス

    幼少時から兄に手を引かれて育ったせいか、妹は成長しても兄にすべてを依存して生きている。大きくなっても変わらず甘えてくる妹に困ったような顔をしながらも、そんな妹がかわいくて仕方がない兄。性の手ほどきも兄任せの妹は、お風呂場でも無言で手を合わせてくるのだった。


  • 片足吊りの女に直腸で人肌に温めた牛乳8尻分をぶっかける

    舞台中央には片足を高く吊り上げられた女。後に牛乳浣腸をされた8つの尻が並ぶというシュールな光景。8つの尻から噴出した白濁液は緊縛された女を直撃。よく分からんがすごい。そこに男が2人登場し、人肌牛乳まみれの女の膣穴と尻穴を2本挿し。それでもイッちゃう淫乱M女。


  • お金に困った彼氏あり娘の生々ハメ撮り初体験にボッキ~ン

    親と彼氏の躾け方が悪かったと思われる困った娘。お金にも困っているようで、ギャラに釣られてハメ撮りにチャレンジしちゃう。もちろん処女ではないので、男優さんの手慣れた愛撫にお股グッショリ目は虚ろ。おちんちんにお口でご奉仕し始める。生々ハメ撮り初体験にボッキ~ン♪


  • きれいな奥様の汚乳首から母汁飛ぶと肉棒からも男汁がぁ

    顔立ちすっきりきれいな奥様のおっぱいは授乳用に乳首が黒ずみ肥大化。そんなおっぱいから母汁を飛ばしまくりながら経産婦らしいドエロなセックス。何が好きって、ドエロな奥様ほど好きなものはない。母乳オプションありならなおさらだ。俺の肉棒から男汁が止めどなく飛び散る。


  • やめて やめて お願い…潮吹き先生の反応がかわいすぎる

    3人の生徒にホテルに連れ込まれた迂闊な女教師。ソファの上で下半身剥き出し大開脚。犯された方がマシという恥ずかしい姿を晒すことに。指で膣壁を掻き回されて潮吹き。フェラをしながらもう一度潮吹き。グッショリ濡れた膣穴に自分の指を挿入させられ尻穴まで観察される。


  • 性モラルが完全に破壊した教室で起きた女教師レイプ事件

    どうしてそうなったのか当事者たちにもわからないが、若い性が暴走し、その色気から生徒たちの人気を集めていた女教師が集団レイプされてしまった。学園当局は、生徒たちの将来を慮って、ひた隠しに隠したが、どこかからその事実が漏れ、教師は免職、生徒は全員退学となった。


  • 保健室でお互いマン見せをするブルマ少女の微笑ましい光景

    女の子は相手が感じるところをよく知っているから、クンニがていねいで上手だ。男の子にまだ見せたことのない場所を、くぱぁっと開いて見せ合う少女。下の毛はまだ線が細く柔らかい。数年後には、モテ男子によって毎晩のように淫らな姿を見せるなんて信じられない。


  • はうぅううううう……。うぅうううううっ! もうやだよぅうっ! ぐっ!

    水泳部の美少女エースは土日も鬼コーチに呼び出されて学園のプールで特訓。しかし、いつも目標とするタイムが出なくてコーチに犯されてしまうのだった。生真面目な性格のエースは、今にも逃げ出したい気持ちを抑え、選手に選ばれたという責任感から我慢を重ねるのであった。


  • トレーニングウェアから盛り上がるバストを見るだけで欲情する

    同じ部活の先輩と一緒にトレーニングをしたあとに、汗が乾かぬままエッチをした。初めてだったので照れまくる僕を先輩は優しくリード。胸のジッパーを自ら下ろし、汗ばんだ掌を柔らかいおっぱいに導いてくれる先輩は天使そのもの。いまだにその時のことが脳裏に甦る。


  • デビュー前から枕上等に仕込まれちゃうアイドルさんの憂鬱

    アイドルさんはカメラの前で土手までばっちり、エアという名の疑似本番までできなきゃいけないわけで、相当な覚悟がいる。軽い気持ちで芸能人に憧れる女の子たちの覚悟のほどを確かめるのも芸能事務所の仕事。「デビューできなくてもいいのか?」で脚を開く娘しかいらない?


  • 惚れていた同級生が親友と付き合い始め逐一報告される屈辱

    俺も好きだったけど言い出せなくて、彼女は親友と付き合い始めた。女の子と付き合い始めだから、キスをしただとか手を握っただとか、親友はいちいち報告してくる。俺も興味深そうに耳を傾けるのだが、家に帰ってその話をネタにオナニーする度に、言いようのない悲しみに襲われる。


  • 玉裏まで舐めてくれるフェラ上手な女と別れられるわけがない

    フェラが上手は七難も八難も隠す。特に疲れているときのバテマラを挿入を要求せずに処理してくれる女は最高だ。男はマグロ。手コキで煽って、フェラで湿らせ、玉裏から裏筋へのチロチロ攻め。そのままイッちゃっても「いいよ」と許してくれる。フェラ上手な女とは別れられない。


  • 全身に「食べごろサイン」が出まくってる繁殖適齢期の少女

    果物には「食べごろサイン」がある。メロンならヘタが細くしおれお尻を押すと弾力を感じたら食べごろ。桃なら桃特有の芳香がたち皮が指でスーッとむける頃が食べごろ。女の子は目を閉じた表情があどけないと感じるよりもエロッと感じたときが食べごろ。肉棒が勝手に感知する。


  • 温泉宿にかわいい仲居さんがいた。いくら払ったらヤレる!?

    繁盛期に温泉に行くと結構かわいい仲居さん(たぶん地元の娘のアルバイト)がいたりする。かわいい娘の着物姿に欲情しまくるのだが、なかなか仲良くはなれない。旅館の仲居さんといえば心付け(チップ)次第でサービスが変わるもの。いくら払えば下半身のお世話もしてくれる?


  • 学園のアイドルは俺の肉棒に夢中で更衣室では精液奴隷

    ツンテールが似合う学園のアイドル。普段は異性になんか興味なしと取り繕っているのだが、一皮むけば俺の肉棒にすっかり夢中な精液奴隷。部活が終わって更衣室に行くと、ハメて欲しくて全裸で待っいる。フェラも騎乗位もマスターしてイクことを覚えた体は何発やってもOKだ。


  • エロマッサージ師の強引テクで本番まで許してしまった少女

    病気がちの少女のことを心配して、親が頼んだマッサージ師がヤバかった。気乗りしない少女は横になり、マッサージに身を任せるが、彼の息の荒さばかりが気になって逃げ出したい気持ちでいっぱいになった。泣き出しそうになりそうな少女をあやしハメてしまう彼はプロ中のプロだ。


  • 「どうぞご自由にお使いください」リアルな肉便器に大行列!

    かわいらしい顔をしているのに毒舌を吐きまくる残念な女というのがこの世にはいる。世の中を舐め切った発言を繰り返す役立たずの生意気女は、リアル公衆便器状態にして唯一役立つ“穴”を公共利用してもらうしかない。肉棒を挿入されて喘ぐさまは、本当にかわいらしい。


  • 先生のおっぱいが見たい! 美人すぎる女教師は存在が罪だ

    色気のある美人教師というものがリアルに存在し、童貞を食いまくっていたとしたら、すぐに免職となり二度と教師に戻れないに違いない。だから、リアルの女教師というのは、発育不足な身体をして、キレまくるヒステリー女のほうが、女生徒にとっても男達を独占できて安心に違いない。


  • ムギが廃部回避の為に職員室で無理やりフェラテク披露

    部費の割り当てができないと説明する顧問に対して効果的なのが、肉体関係。一度結んでしまえば学生と関係を持っていることをバラすと脅せばバンド部の存続は約束されたようなもの。だから私は援交で覚えたバキュームフェラのテクを先生に披露しちゃうんだよね。


  • 顔がAKBみたいに悪くてもカラダが良ければヌケルっしょw

    AKBの人気は学校のクラスにおける美少女発現とそれに対する好意ベクトルの集中に酷似している。たくさん女はいるけど、その中で順位付けするならコイツかな~という形でランキングされ、1番に選ばれた奴はみんなのオナネタにされてしまうのだ。皆どうせ顔なんておまけでカラダで抜いてるんでしょ?

  • 女性器は見るものではなく突くもの。実践的すぎる性教育!?

    ネットの普及でいつでも見られる女性器。見るだけで突かない男子が増えてきているのがセックスレス→少子化の原因ってことで、女性器は見るものではなく突くものであるということを教える実践的な性教育が行われるようになった。まずは男性教諭と保険医が、多分このあと大乱交。


  • 艶めかしい痴態を演じることのできる女は中出しされやすい

    美人で淫らな女は、早々に男をゲットし結婚してしまうものだ。独身女との最大の違いはセックス時における“しな”の作り方にある。ふだんは澄ましているのに、ベッドでは大いに乱れる女を、男は大層かわいがる傾向にある。中出ししたくなるからやめてほしいのだが。


  • 短期間で前も後も感じる吸収力。まったく高校生は最高だぜ

    スケベな変態おじさんとのセックスに溺れてしまった女子高生。騎乗位で膣穴深くに突きたてられてイクことを覚えさせられ、お尻の穴まで肉棒を咥えこめるようにされてしまった。この短期間でここまでマンコやアナルの感度が上げられる吸収力。まったく、女子校生は最高だぜ!!


  • 生足は気持ちよくないから足コキはニーハイで色は黒で決まり

    足コキは、か弱い女の足でされているという被虐感だけでも相当気持ちがいいものだが、刺激がないと射精までは至らないものだ。しかし、手のように思うようには動いてはくれないので、イクときにはどうしてもサポートが必要になる。だから、ソックスの滑らかさが重要となるのだ。


  • 口をポカンと開けて食い入るように痴漢を見つめるJKに萌え~

    大胆な痴漢の現場に出くわし、いつものように見て見ぬふりをしていたのだが、同じく痴漢を目撃していたJKがかわいすぎて、そっちばかりを見ていた。彼女が降りた駅でメアドの交換に成功し、その日の夜は痴漢の話で大いに盛り上がった。いやぁ、運命の出会いってあるんですね。


  • 飛び込み営業はツライどころか気持ちイイと張り切る新人さん

    口下手なため、うまく説明できない新人さんは、このままではクビになってしまうと切羽詰まり、身体を張った営業スタイルに変更することに成功した。お客さんの反応は上々で、暇を持て余した工場従業員の“憩いの穴”となっている。もちろん営業成績はぶっちぎりのトップだ。


  • イくっ! い、いっ……イっくううぅぅぅうううぅぅーーっっっ!!!

    いきり勃ったチンポを鎮めるには、素股では物足りない。ローションをたっぷり塗って疑似セックスなんてまっぴらだ。異物が膣内に挿入され「あっ」とつぶやくカノジョ。俺は「入っちゃった~♪」とおどけて激しく腰を動かした。「ダメ~」と言いつつも本番行為は続いたのだった。


  • 欲求不満の人妻は背徳感からかいつになく激しく燃え上がる

    自分のどこに、こんな淫らな性が潜んでいたのか。他の男の肉棒を迎え入れて、激しくもだえる自分が信じられなかった。リスクの高い不倫行為に興奮しているのか、はたまた男とのセックスの相性がよいのか。旦那には申し訳ないけど、自分の身体に気持ちを任せてみようと思った。


  • 見た目はビッチになっても妹のお兄ちゃん思いは変わらない

    男を知ってからというもの、よそよそしくなってしまった妹は、誰の家に泊まっているのか知らないが、たまにしか家に帰らなくなってしまった。俺のことを「お兄ちゃん」と呼んでくれた幼い妹は二度と戻ってこない。願わくば、筆おろしを……。それがお兄ちゃんの最後の願いだ。


  • 気のおけない元カノとのエッチは本命彼女より断然気持ちイイ

    背徳感がそうさせるのか、元カノとのエッチのほうが激しく燃え上がるし断然気持ちいい。いまのカノジョには遠慮があるのかもしれないなぁと反省しつつも止められない。お互い付き合っている人がいるから復縁するつもりは全くないので、ダラダラと関係が続いてしまうのである。


  • 涙をこらえ小声で「お尻に入れてください」と乞う狂乱の人妻

    結婚するまで処女で男は夫しか知らない。リアルじゃ稀有だがエロゲではよくいる人妻さん。淡白で短小な夫では味わえない子宮を押し上げてくる初めての快感に狂う。男の欲望を受け止め、涙をこらえ小声で「お尻に入れてください」と乞う奥様の尻穴に鬼畜なチンポが捻じ込まれる。


  • 大人の世界は怖い! 退職をちらつかせて肉体関係を迫る校長

    旦那の浮気が原因で離婚し一人で子どもを育てているY子は、生徒の親とのトラブル解決の過程で校長に弱みを握られてしまった。それ以来、校長室に呼び出されては、肉体関係を迫られるY子。「悪いようにしないから」という言葉で、熟れた肉体を貪る校長に抗うことはできなかった。


  • 幸薄そうなJKの男運がないのは生まれつきだから仕方ない

    かわいい顔をしているのに男運がないという女はたくさんいる。友人のS子もそんな女性の一人で、中学生のときに義父にレイプされて以来、ダメな男につかまっては苦労を続けている。聞いたら、母親も同じような人生を歩んでおり、血というのはとことんつきまとうものだ。


  • 口が大きい女の子は概してフェラが上手だという傾向がある

    口が小さい女の子が歯を立てないで一生懸命しゃぶる姿も健気で萌えるものがあるが、実を取るなら口のデカい女の子のほうがいい。口を大きく開けてガハハと笑う女の子のほうがフェラが大胆で、バキューム力もある。喉奥を突いても我慢して耐えてくれるから気持ちいいぞ。


ページ: 1 2