人妻 の三次元動画記事一覧(451~500件目)

ページ: 1 2 3 4 5 ... 9 10 11 12 13
  • 自分が誘惑したという証拠が残らなければ人妻は身体を開く

    W君の地元は有名な別荘地で、夏休みになると地元に帰り別荘管理のアルバイトをしていた。そこに暮らす人妻は、一様に憂いがありどこか寂し気。旦那が忙しいらしく相手にしてもらえない人妻が多いのだ。笑顔で挨拶を交わす仲になれればこっちのもの。あとは若さで押し切るのみ。


  • エステに通うセレブ人妻はイケメンの誘いに簡単に応じるぞ

    金を持っているセレブ人妻は、夫以外とのセックスを遊びと割り切ることができるため、若くて見た目の弱い男の誘いに滅法弱い。エステに通うぐらいだから容貌には自信があるため、男が言い寄ってくることが自尊心を満たし、足繁く通うようになる。指名されればこっちの勝ち。


  • ワキの甘いパートのおばちゃんは欲求不満だから狙い目だ

    SNSで元カレを皮切りに男を喰いまくっている人妻は、目立つだけにみんなこんなことやっているのかと思いがちだが全体の極一部。住宅街には欲求不満の熟れた身体を持て余した主婦がわんさといるはずだ。パートで働いているおばちゃんと仲良くなり、一気に勝負をつけろ。


  • 釣鐘型おっぱいをした美人人妻が男を誘い入れる背徳の館

    一線を越えてしまった男女は、背徳感と性欲のただれた日常の中で、ひたすらお互いを貪り合う関係となる。この人妻も、一見何不自由ない生活を送っているのだが、唯一の不満が旦那との夜の生活らしい。欲深い女は、昼間から男を連れ込み、堕落した生活を続けているのだ。


  • 本気になってしまうタイプの貞淑な人妻には注意が必要だぞ

    結婚を迫られるとこはないと踏んで、調子に乗って人妻をコマしまくっていると、面倒なことに巻き込まれることがあるので注意。火遊びのつもりで身体を預けるつもりが本気になってしまう場合があるからだ。乾ききっていた土壌を一気に湿らすのは禁物。徐々に水を撒いていこう。


  • 景気がよくなってくると人妻を狙うチャンスは増大するものだ

    景気がよくなると、世の旦那は仕事が忙しくなる、あるいは夜の接待やお遊びに時間を使うようになるため、どうしても不在がちになる。土日も家にいないということが多いので、人妻を狙うチャンスが発生するのだ。暇な主婦はSNSで男を囲っているため、マメに話しかけて相談に乗るのだ!


  • 「激しく突いて!」アソコを濡らしてチンポ挿入をせがむ人妻

    美人と評判の人妻のセックスはすごかった。普段の姿からは想像もつかないほど激しく乱れまくるのだが、その姿も美しい。「主人じゃ満足できない。あなたのチンポが欲しい」とせかされ、チンポはいきり勃つ。やればやるほど気持ちがよくなるのが十分に熟した人妻だ。


  • FBは浮気がバレやすいからLINEで肉棒に飢えた人妻を囲え

    みなさんご存知のとおり、Facebookは、行動が丸見えとなり、後々の人間関係も考えると下手なことは一切できない。だから、暇な人妻と親密な関係を築きたい年上好きの男は、みんなLINEに群がっている。昼間からLINEにつながる女は時間が余ってるから口説きやすいぞ。


  • マッサージ店でエロいことされちゃう女性の見事なイキっぷり

    人妻といえば、ふだん旦那に相手にされず欲求不満を募らせているというのがお決まりの設定だが、この奥さんぐらい執拗にエロ刺激されれば、しばらくはエッチなんかしなくても大丈夫に違いない。全身を痙攣させイってもイっでも終わらない責めに、くたくたといった感じだ。


  • 人妻に浮気はない! 本気の愛がなければエッチはできない

    最初は遊びのつもりでも、身体を何度も重ねるうちに情が移ってしまうのが女という生き物だ。年上の女性は包容力があり、リードしてるからといって人妻と火遊びするのは禁物。背徳感からムードが一気に盛り上がり、取り返しのつかないことになるぞ。旦那や本人に刺される前に手を引こう。


  • 寝取られモノは快楽に堕ちる人妻の気持ちになるのがお勧め

    複数視点でストーリー展開を楽しめるのが寝取られモノの醍醐味。寝取られの屈辱感、寝取るほうの優越感、いずれも男性視点でリアルすぎて妄想が妄想にならないことがある。身近な誰かに置き換えてしまい生々しさから集中できなくなってしまうのだ。そんなときこそ罪深き女になれ。


  • マッサージ師との本番行為が癖になってしまったセレブ妻

    暇を持て余したセレブ妻が、若い男を愛人にというのは、よくある女性の浮気パターンの一つだ。旦那バレするリスクを冒したくない人妻は、口の固いマッサージ師を浮気相手に選んだ。金と時間はあり余っている。セックスレス生活を送っていた人妻は、快楽に溺れる自分に酔い痴れる。


  • 旦那不在時にハメる昼下がりの人妻ほどエロいものはない

    日が暮れて暗くなるとエッチしたくなるのが通常の人間だが、セックスがご無沙汰で肉棒に飢えている人妻は別だ。真っ昼間から恥じらいもなく腰を振るさまは、獣そのもの。旦那の前では、良妻を演じている妻ほど、感情がコントロールできずにセックスがひどく乱れるものだ。


  • 非処女でもビッチでも構わない…セックスの相性が最も大事だ

    発売したばかりのラノベを寝ずに読んで登校したときは、睡眠を取るため保健室に行くのを常としている。すると、ふと気が付くと、隣のベッドからいい匂いがする。サボリのリズムがいつも一緒になるH子だ。なぜか示し合わせたように枕を並べるのでいい関係になってしまった。


  • 優しい人妻は玉裏までていねいに舐め上げてくれるから好き

    セックスするなら男性経験豊富な人妻が最も気持ちがいい。だって、同年代の女の子じゃ甘えられないし、いろいろ要求すると嫌われるかもとビビってしまう。その点、人妻はこっちが言わなくても、サービス満点。下手な風俗に通うなら、人妻のほうがよっぽど気持ちがいいのだ。


  • 一度もイッたことがない主婦がエロマッサージ師のテクに喘ぐ

    マッサージに通う女性は、セックスについて悩みを持っていることが多い。そして、セックスレスで欲求不満の人妻ほど、エロマッサージ師のテクに敏感に反応してしまうそうだ。一度身体を許してしまうと、人妻はどこまでも堕ちていく。かつて得た快感が全身を駆け巡る。


  • 若い男との出会いを求めてSNSにいる人妻はきれいでエッチ

    昼間からSNSに張りついている人妻は、“プロ”か恵まれた家庭で暇している女性のどちらかだ。いわゆるお金持ちのところに嫁いだセレブ妻は、若くてきれいな女性ばかりだ。そして、一様に旦那が忙しくて留守がちなので、心に隙が生まれやすい。若さで押し切るのだ!


  • 浮気に対する罪悪感を持っている主婦は快楽に溺れやすい

    セックスは背徳感が増せば増すほど気持ちよくなる。だから、割り切ったお付き合いでセフレとなってくれる人妻よりも、恋に落ちてしまった人妻のほうが、断然セックスがいい。女はつながればつながるほど情を増すものだ。最初は乗り気でなかった人妻が淫らになる過程を楽しもう。


  • 出会い目的でSNSに群がる人妻は強引に誘えばヤれるぞ!

    経験豊富な人妻が、ほぼ1日中SNSに群がっている。この手の女性は、誘うまでがたいへんだが、マナーを守ってきちんと対応していれば、いつか心が開く。セックスにしても「減るもんじゃない」と思ってるので気が楽。もちろんプロフ写真がイケてないと成功確率は減るが。


  • ナス、バナナ、ソーセージ…下のお口食わず嫌い王決定戦

    ナス、バナナ、ソーセージ…下のお口食わず嫌い王決定戦「参りました」と言わせてやろうと、下のお口食わず嫌い王決定戦。魚肉ソーセージ、バナナ、ナス、指。目隠しし椅子にM字開脚に縛り付けた女の穴に次から次へとブチ込んでみたのだが、全部美味しそうに食べちゃうもんだから困った。1つは嫌いな物のはずなのに……どれが正解?


  • 欲求不満で獣状態となった人妻たちが若い男に走っているぞ

    オヤジが若い娘を求めるように、セックスレスで欲求不満がたまりにたまった人妻は、若い男に走る。今は、出会いの場がネットにたくさんあるため相手には困らないのだ。年上好きの若者も増えているため、積極的な人妻はモテモテ。旦那不在をいいことに昼間からハメまくり生活。


  • 若者同士がセックスレスになる一方で若い男を逆ナンする人妻

    パートに来ている主婦の男漁りがすごい。見かけは地味でとても大人しそうに見えるが、胸がFカップと大きいため、飲み会でチヤホヤされて勘違いしてしまったらしい。若者と関係してどんどん開発されてきてしまったようで歯止めが効かない。職場で物色しては逆ナンするのだ。


  • 職場の派遣の女性が人妻だと偽って男を喰いまくってた事実

    小柄で巨乳、年がいっているから、バツイチ子持ちだと言われて、みんなすっかり信じていた。遠目にはかわいいいんだけど、間近でみるとすべてがアンバランスな顔。それでも、人妻だということだけで、年上好きの独身男性からチヤホヤされ、飲み会ではいつもお持ち帰りされていた。


  • ものすごくリアルで勃起度◎のバスガイドさんをホテルでレイプ

    バスガイドさんというのは実は適当。白い手袋をしていて純朴そうでということから勝手に妄想した。襲っているのは運転手さんってことにして泊まりがけの旅行のホテルの一室でレイプされているシーンと考えると勃起度◎。「やめてください!」と運転手を睨みつける視線の鋭さがリアルだ。


  • 昼下がりの巨乳奥様凌辱。嫌がってるわりにはすぐにイクっ

    昼間からリビングで凌辱されちゃう巨乳奥様。羽交い締めにされると、大層な悲鳴をあげるのだが、電マで責められ、バイブをぶち込まれるとすぐに観念したようで、肉棒求めて息を荒げ、イラマチオだって歯を立てずに頑張っちゃう。後ろから突っ込まれるとヨガリ狂ってすぐにイクっ。


  • 旦那への罪悪感を感じながらどうしても感じてしまうのが人妻

    女は男が願っているほど貞操観念が発達していない生き物だ。家に上がり込んできた2人組に襲われた人妻は、セックスがご無沙汰ということもあって、ものすごく感じてしまったようだ。もともと3Pに憧れを持っており、こんな機会に実現するなんて夢にも思わなかったと呑気なものだ。


  • 貞操は守る約束でオナニー撮影に応じたワケあり爆乳人妻

    汚くて狭い部屋で表情をこわばらせたまま服を脱いでいく女。ワケありで撮影に応じた雰囲気が実にいい。爆乳だ。命じられるままに乳房を揉み、乳首を口に含み、赤い網タイツ姿にされてディルドに跨らされる。感じ始めた人妻は撮影者にクリトリスを弄ってもらって壮絶アクメを迎える。


  • 裸エプロン姿で凌辱をおねだりできるロリっ娘こそが俺の嫁

    裸エプロン姿で男たちの前に引き出された疑似ロリ娘。「そんな格好して虐められちゃうよ」と揶揄されて恥ずかしそうにほほ笑む。凌辱OKというか、むしろ凌辱されたがっていると受け取るしかない女の風情に鬼畜ちんぽが硬くなる。舌足らずな声で「らめぇ」と絶頂。フェラも上手。


  • 相談に来る人妻は欲求不満と不敵に笑う“ぶっかけ”ドクター

    医者に依存している主婦は、セックスレスで欲求不満がたまっているという持論を持つドクターは、向こうからやってきた獲物に対して容赦なくぶっかける。おかげで診察室がザーメン臭いことこの上ないのだが、女を欲情させるのはこのくらいのほうがいいと不敵に笑うのだった。


  • 神乳を持つ人妻はすべての童貞の前にパイオツを捧げるべき

    類稀なる美しいカタチをした神乳女性は、たとえ服で覆われていたとしても美乳を隠し通せるわけもなく、目利きの男たちによって裸に剥かれ、散々にハメられてしまうものだ。結婚によって人類の共有財産である神乳を独占することは決して許されるものではないぞ。


  • 人妻がおっぱいを揺らして感じまくるハメ撮り映像見つけたYO

    カーテンを全開にし東京の夜景が見わたせるシティホテルの一室で、男の上に跨りめっちゃ感じてる人妻。旦那が不在がちで、ご無沙汰していたのか、感じ方がハンパない。カメラに撮られ慣れていないため、動きがぎこちないが、そこが素人っぽくて、余計に艶めかしく感じてしまうのだ。


  • 年増女が好きならガンガン声をかけて人妻をモノにすべきだ

    同年齢の女の子はいろいろと面倒くさいという理由から、年上できれば人妻と付き合いたいと考える男が増えてきている。経験豊富で包容力のある人妻がブームなのだ。彼女たちは多忙な旦那とセックスもせず暇を持て余している。年下の男としゃべる機会は少ないから話しかけると喜ぶそ。


  • セックスを知りつくした人妻だと気を遣わなくてよいから好き

    同年代の女子とは一切しゃべることができないのだが、年上で結婚しているとわかると饒舌になる。しかも、顔も見たこともない旦那とセックスしているところを妄想しながらオナニーまでできる。童貞を捨てたのが、遥かに年上のオバサンで優しくしてくれたからかなぁ。


  • 漢なら優しさとか顔の造作ではなくチンポの性能で勝負しろ

    優しいからモテたり、イケメンだからモテるのは間違いだ。多くの動物がそうであるように、牡たるものチンポのスペック(=生殖能力、繁殖力の強さ)だけで牝をモノにすべきなのだ。チンコのでかさは鼻と唇の間の長さから推測できるらしい。チンコ見る趣味はないので真偽は不明。


  • 優等生で遊びを知らなかった初心な女医の体は最高だぜっ

    医学部に行って、医者になっちゃうのであるから小さいころから成績優秀で遊んでいる暇なんてなかったに違いない。30歳を超えてようやく余裕ができて女としての悦びに目覚めた女医の初心な体は最高だ。疼きを理性に抑え込んできた体は急激に開花し、精液人形へと堕ちていく。


  • 2時間って長すぎ! やっぱあのカップルは痴漢だったのか~

    混雑した電車の中で、大胆な行為を続けるバカップル。やけに年の差があるなと感じていたが、ネットで知り合った変態性癖の持ち主同士なんだろうと遠目に眺めていた。しかし、報道によると、あのエロおやじは痴漢で、何度も終点を折り返し2時間にわたって行為を続けてたらしい。


  • 母性あふれる人妻のフェラと手コキにチンポが蕩けてしまうっ

    人妻の優しい手コキに下半身が蕩けてしまいそうだ。さらに、密着している乳房や太ももに擦り付けられている秘部の感触にも興奮を煽られ気持ちがいい。リズミカルにペニスを扱く動きが巧みで、亀頭には直接触れないように気をつけながら、包皮ごと扱いてカリ首を刺激してくれる。


  • 年を経れば経るほど性的に開発されて快感度が高まる人妻

    人妻の性欲というのは、ヤりたい盛りの青年に勝るとも劣らない。自分はますます性欲が強くなっていくのに対し、同年代の旦那は右肩下がりで精力が衰えていく。そんな悲しい性生活に嫌気が差して、不貞行為に走ってしまうのも仕方がないことなのかもしれない。


  • 美人すぎる人妻はかえって若い男から敬遠されてしまうものだ

    ブームに乗り一部の人妻がセックスしまくっているのは事実だ。人妻は多少の「美」は必要となるが、熟女好きの若い男にとって容姿はそれほど重要なポイントではない。誰もが振り向く美人よりも、年齢よりは若く見える程度のほうが、若いオトコとしては声をかけやすいものだ。


  • 人妻はSNSのコミュニティーで若い男と知り合うのを待っている

    人妻は、いったん顔見知りになり、心を許せば、会話をつなぐのも上手だ。スポーツクラブや趣味のサークルで顔見知りになれば、声をかけるチャンスも出てくる。勇気がなければ、仲間同士での飲み会やパーティを企画するのもいい。旦那とご無沙汰の人妻は案外世にあふれているぞ。


  • 女は浮気に対する罪悪感は最初だけだから注意が必要だぞ

    人妻と日中からセックスをしていて不思議に思うことは、カノジョたちは旦那に悪いと思わないのかということだ。たいていの女性は、そんな質問をされるのが心外という顔をするが、悪いなと思うのは最初だけで、あとは誰とセックスしても変わらないからと割り切っているようだ。


  • 肉棒に飢えた美巨乳奥様の性の暴走はアンストッパブル!!

    まさに昼下がりの情事。旦那が留守の間に自宅に男を招き入れ、服を脱ぐのももどかしく鼻息を荒くし体をくねらせる美巨乳奥様。こんな食べごろサイン満開の肢体を放置した旦那が悪い! 一度体に火が付いたら暴走列車の勢いで頂きへと一直線。性の暴走はアンストッパブルだっ!!


  • 寝取られ妻はおキツネ様の精液で清められて折檻されるぅ

    亭主がありながらほかの男と姦通の罪を犯した人妻を村人たちで折檻する因習の残る村。女は女狐。狐なのに狸縛りにされて森の奥のお社に。牡狐に扮した3人の男たちが村の男以外の精液を受け入れた女の体に折檻をくわえ、村人の精液を女陰に注ぎ込むことで穢れを払っていく。


  • 安い早い気持ちイイ! 公衆便所における人妻売春がブーム

    ホテル代と時間をかけるのがもったいないという理由から、スピーディーに膣内射精できる公衆便所での人妻売春が流行っており、外回りの営業マンに大人気だ。暇な時間にだけ働きたいと願っている主婦たちにとっても、時間がかからず回転率も速いから、ありがたいことなのだ。


  • これなんてエロゲ? 3人の爆乳美女に囲まれたパイズリ天国

    人妻がヒロインとなった美熟女もののエロゲーは根強い人気がある。ゲームに出てくる人妻たちは、そろいもそろって爆乳で欲求不満。中にはイク瞬間に母乳をまき散らす若妻もいる。セックスには熟練しているため、こちらが何もしなくても、いろいろとサービスしてくれる。


  • 涙をこらえ小声で「お尻に入れてください」と乞う狂乱の人妻

    結婚するまで処女で男は夫しか知らない。リアルじゃ稀有だがエロゲではよくいる人妻さん。淡白で短小な夫では味わえない子宮を押し上げてくる初めての快感に狂う。男の欲望を受け止め、涙をこらえ小声で「お尻に入れてください」と乞う奥様の尻穴に鬼畜なチンポが捻じ込まれる。


  • 欲求不満の人妻は背徳感からかいつになく激しく燃え上がる

    自分のどこに、こんな淫らな性が潜んでいたのか。他の男の肉棒を迎え入れて、激しくもだえる自分が信じられなかった。リスクの高い不倫行為に興奮しているのか、はたまた男とのセックスの相性がよいのか。旦那には申し訳ないけど、自分の身体に気持ちを任せてみようと思った。


  • 玉裏まで舐めてくれるフェラ上手な女と別れられるわけがない

    フェラが上手は七難も八難も隠す。特に疲れているときのバテマラを挿入を要求せずに処理してくれる女は最高だ。男はマグロ。手コキで煽って、フェラで湿らせ、玉裏から裏筋へのチロチロ攻め。そのままイッちゃっても「いいよ」と許してくれる。フェラ上手な女とは別れられない。


  • オナニーをしたことないという女の子の言葉に騙されないように

    女は嘘をつかないと、せちがらい世の中を渡っていけない弱い生き物なので、「オナニーなんかしかことないよ~w」とかわいく答えても、決して信じてはいけない。幼いころなにかの拍子で感じやすい部分に物があたったときから、女のオナニーは始まっているのだ。


  • 「美人は3日で飽きる」「ブスは3日で慣れる」はブスが作った嘘

    「美人は3日で飽きる」というのは都市伝説だ。 美人が3日で飽きるということは絶対にない。男が女の見かけの良さを追求するのは、DNAに根ざした欲求だからだ。だから、「美人は3日で飽きる」というのは、美人でないブスな女たちが流した風説の流布に違いないのである。


ページ: 1 2 3 4 5 ... 9 10 11 12 13