ボテ腹 の三次元動画記事一覧(1~50件目)

ページ: 1 2
  • 超マニアックな母乳&ザーメン歯磨き動画

    フェチ映像屋の「マニアック母乳&ザーメン歯磨き」は、マニアック母乳&ザーメン歯磨き動画。歯磨き美女を観察!彼女は出産してすぐの若妻さん。母乳を搾りそれで歯磨き。さらにフェラ抜き、ザーメンで歯磨き。フェチでマニアックな観察動画となっているぞ。


  • 爆乳娘が大人の玩具をパイズリしてる姿だけで抜ける

    パイズリは、体制に無理があるためか、実際にやってもらうと、それほど気持ちよくない。むしろ手コキのほうが気持ちよくてすぐにイッてしまう。夢にまで見たパイズリの現実とは、そんなものだ。夢は夢のままで終わらせたほうがいいこともあるのだ。


  • 女だってヤりたいときがある!チンポバーで慰めるOL

    女だって、男みたいに恋愛や結婚とは関係なく、ひたすらエッチしたい夜がある。チンポバーは、そんな仕事で疲れた女性の癒しの場。バーのテーブルから飛び出したチンポを味わう女性専用の飲み屋で、自分の好きな形のチンコを写真で選ぶことが可能だ。


  • 膣穴がぶっ壊れるまでハメ倒される懐妊娘の悲劇

    出産費が欲しい娘が、どんな過激なセックスにも耐えようとするが、耐えきれず涙目に。男は、金と引き換えにしているから、元を取るまでピストンを繰り返す。弱みを握られまいと頑張って演技をするが、男の扱いの荒さにホトホト参ってしまったようだ。


  • 電動歯ブラシを使って乳首を責める可愛い妊婦の人妻

    フェチ映像屋の「可愛い妊婦の人妻は巨乳でデカ乳首」は、メチャメチャかわいい人妻のオナニー動画。『ぎゅーっ』と、摘んでゆっさゆっさパを揺らしながらのオナニー。妊婦さんでお腹がふっくら、可愛いお顔からは想像できないでっかくて黒い敏感乳首!


  • 見ていて清々しささえも感じるレズビアン乱交

    レズビアンたちが、ノンストップ6P乱交。みなさん楽しそうに快楽を追求していて何より。レイプと妊娠の可能性のあるペニスを持つ男に恐怖を感じる女性は案外に多い。身体に関わることなので冒険といえるからだ。妊娠のリスクがないエッチというのは、女性を明るくさせるのだ。


  • 愛人にしたいデカ尻人妻ナンパしてハメたぞ!

    出産直後で感度上昇中なのにセックスレスな若奥様をまとめてハメる。フェロモン全開豊満熟女の濃厚セックス。おっぱいと同様、お尻の形を男はとても気にする。よい子どもを産んでほしいという本能もあるが、お尻がプリプリしているほうが、セックスが上手そう。


  • 奇跡のNカップ臨月妊婦に出産直前の中出し

    臨月中の射精は母体によくないとされるが鬼畜はそんなことおかまいなし! どんなけ中出ししても、これ以上妊娠することはないという理由で、出産予定日5日前にセックス。そんな変態な所業にも慣れっことなった妊婦は、艶めかしい声を上げ精子を迎え入れるのであった。


  • 素股をしている最中に挿入されてしまうのは仕方ない。

    スマタはセックス一歩手前ではなく、もはやセックスだ。母乳でぱんぱんに張った妊婦が、クリをビッグマラですりすりされ、そのまま挿入されてしまう。嫌だったら逃げることも可能なのかもしれないが、男の強い力に抵抗するのは骨が折れる。黙って挿れさせておけばいい。


  • スケベマッサージ師の指ワザに感じてしまう健気な少女

    「そこ…ダメ…」。甘い吐息を漏らしながら嫌がるが、悪徳マッサージ師は、彼女が喜んでいると思って手の動きを止めようとはしない。女の子も女の子で気持ちよさと好奇心から、はっきりとした拒絶ができないでいる。おじさんに無理やりとママに言えばいいという作戦なのだ。


  • 持つべきは巨乳の彼女!パイズリとフェラでおっき!

    彼氏の朝勃ちチンポをパイズリとフェラで射精させてくれる巨乳彼女。理想のカノジョを求めて、婚活サイトとかで登録したりしたが、まったくうまくいかなかった。彼女となってもらう以上、妥協はしたくない。巨乳はともあれ、ヤりたいときにヤらせてくれる女が最高だ。


  • 妊婦の柔らかく温かい膣壁の感触を知らずして女を語るな!!

    妊婦の柔らかく温かい膣壁の感触を知らずして女を語るな!!出産に向けて妊婦さんの体は変化する。肉棒を受け入れ摩擦による快楽を得るための器官だった膣穴は、産道へと変化する。膣穴は柔らかく、どうしたことか温かくなっていく。生殖器から出産器官へ。矛盾するがこの出産用の穴の具合が実にいい。妊婦を知らずして女を語るな!!


  • ボールのような巨乳を持つお姉さんのオッパイ洗浄法を学べ

    ボールのような真ん丸のデカパイを持つお姉さんは、おっぱいを洗うにも時間がかかるようだ。まずは左右のパイを持ち上げ地肌と触れる部分をていねいに洗ってから、それぞれのパイをボールを磨き上げるように石鹸をこすりつける。男の手でも包みきれないボリュームだから大変。


  • 排便シーンを見せつけM男を人間ウォシュレットの刑に処す

    汚いケツを、ベッドでガッチがちに縛られたM男の顔面に押し当てる金髪女からは笑みすらうかがえる。「ぐごおお」と臭くてエグイうん○の味を唇と舌先で味わうM男は窒息寸前。汚らしい女と汚らしい男の常軌を逸した性行為……驚愕しながらも、越えてみたい一線をとくと見よ!


  • 臨月間近の硬くしこった乳房でのパイズリって最高じゃね?

    無毛の割れ目に縄を擦りつけ切なくなっちゃうロリパイパン♪巨乳彼女がいる人の特権がパイズリだ。でも、柔らかいマシュマロおっぱいで挟んで擦ってもらうのがすごく気持ちいいかというと実はそうでもない。舌や手のような器用さはなく、ただ柔らかいというだけで物足りないのだ。臨月間近の硬くしこった乳房でのパイズリって最高じゃね?


  • 妊婦を凌辱するとお腹の子まで辱めてるみたいでゾクゾク♪

    ボテ腹とはセックスできないなんて男がいるがもったいない。臨月の妊婦となんてそうできるものではない。妊婦とのセックスは凌辱系に限る。情操教育の一貫としてお腹の子まで犯してるみたいでゾクゾクするね。ただし、あまりハードなのやアナル系は産まれちゃうので禁止。


  • 経産劣化していない美人妻から搾りたての母乳は百薬の長

    酒は百薬の長と言うが、あれはキ○ガイ水であって断じて薬の類ではない。百薬の長に例えてよさそうな飲料を探してみると、母乳しかない。出産を経ても劣化していない若い美妻から搾りたての母乳なら寿命を百年延ばしてくれそうだ。飲む量を加減する必要もなし。出るだけ飲もう。


  • ボテ腹妊婦のデカ乳首とクリトリスを徹底的に弄りまくる!

    これはすっごくマニアック!お腹に赤ちゃんを宿した妊婦さんの、妊娠して大きくなった乳首やクリトリスを弄ってしまうド変態なプレイ。医者の特権とばかり好き放題に弄り倒してしまう背徳感…それでいて、雌の本能で興奮する姿がエロ過ぎて興奮が止まらない。


  • 寝取られを覚悟した人妻はかわいらしくもあり妖艶でもある

    夫は与えてくれない女としての深い悦び。体は堕ちた。心も堕ちんとしている。そんな人妻の覚悟を決めた風情はかわいらしくもあり妖艶でもある。膣奥深くに肉棒を叩きこみ、体と心に二度と消えない痕を残す。女もそれを望み、期待している。寝取りの醍醐味はこれに尽きる。


  • 扶養控除が廃止され子ども手当なしで母乳売春が流行する

    扶養控除・配偶者控除廃止のまま子ども手当もなくなると、乳飲み子を抱えた低所得世帯の奥様は、子どものために売春に勤しむしかない。授乳中で巨乳になったおっぱいは高く売れる。母乳が出るようになったら出産前から頑張っちゃう奥様も出てくる。毛深くなるのが玉に瑕。


  • 「ママのおっぱいほちぃの?」に「ウン♪」と言える理想の息子

    息子が女体に興味を持つ年にもなっていれば、既に夫との愛は冷めている。ママの関心は息子のことだけ。理想の息子は「ママのおっぱいほちぃの?」というアプローチに、素直に「ウン♪」と応えなくてはならない。乳房に吸いつき乳首を転がすように舌を動かすとママは大喜び。


  • ママが隠し持っていたローターで自慰に耽る三つ編み少女

    ママはすでに死んで、継父との2人暮らし。ママの遺品は……ピンク色のローターだけ。少女はいつしか、それを使って自慰にふけるようになっていく。今にも絶頂を迎えんとした瞬間に、「こらっ」という継父の怒声が。大嫌いな継父に犯されるのはほぼ確実な薄幸の三つ編み少女。


  • 荒縄で根元を縊られた乳房から母乳が滴る最強の嬲られ乳

    巨乳は嬲るもの。母乳が滴る孕みおっぱいともなれば、いかに手荒に嬲ってやるかという妄想が頭を駆け巡る。水着をくり抜き露わになった乳房を責める。胸への緊縛は縛るのではなく縊るのがいい。根元を荒縄で搾りあげられ吊られる。鬱血した乳房から母乳が止めどなく噴き出す。


  • ボテ腹のRQ緊縛。胎児が女なら究極の母娘凌辱だね、これ

    胎児の性別は妊娠9週目~11週目ではっきり分かるものらしい。胎児が娘なら小陰唇、大陰唇、クリトリスなどの形状がはっきり超音波で分かるんだそうだ。つまり、まだ産声を上げてなくても腹の子は牝なのである。妊婦を凌辱し、0歳児以下の娘を嬲る。これぞまさに鬼畜ロリの所業。


  • 妊娠の可能性が高い危険日に黒猫を酒に酔わせて中出し!

    リスクを取ってその場の快楽に身を任せるか、リスクを避け安全策を採るかというのは、セックスにおいても頭の痛い問題だ。「コスプレ一本勝負第二十五試合! 『飲酒&穴あきゴムで危険日に中出し』」は、俺妹の黒猫の膣内に大量のザーメンを注入する中出しムービー。


  • 博物館で客を待ちトイレで手コキする不幸せすぎる女子高生

    ホ別では手コキだけだと客がつかないので、博物館で客を待ち、男子トイレでサービスしちゃう女子高生。無表情で黙々とチンポを擦る姿が最高だ。乳首を攻められると一瞬目を細めるのもイイ感じ。こういう薄幸そうな女がどんどん不幸になっていく姿が何にも増して大好きなのだ。


  • 処女娘は集団になると恐ろしいエロパワーを発揮するものだ

    新卒で女子高の教師になったY君は、学生時代は根暗なオタク男子だったが人が変わったように明るくなった。なんでも生徒たちがテンションMAXで、Y君のことを全力でからかうのだという。この間は、ズボンを下げろと命じられ、生徒たちの前で立派なペニスをご開陳したとのことだ。


  • 妊婦をレイプ!お腹の赤ちゃんにもザーメンをプレゼント

    すっかりお腹の大きくなった妊婦を、拘束して強制レイプ!まるでお腹の中の赤ちゃんすら犯す勢いで、羊水の代わりにザーメンでボテ腹を満たすように、激しく子宮を突き犯す。妊娠後期の大事なおマンコを、容赦のない男のチンポが何度も何度も犯すのだ。


  • 今にも生まれそうなボテ腹妊婦を徹底的に犯しまくって…

    お腹に子を宿した母体。赤ちゃんを育てるための大切な身体だというのに、男達は容赦なく責め立てる!旦那とも疎遠になって、雌としての本能がチンポを我慢できなくなったその身体で遊ぶようにして弄り抜く。濡れてしまったボテ腹マンコを犯し尽くすのだ。


  • 妊娠しているのに…お腹の中の赤ちゃんごと母体を犯す!

    えげつない行為としか言いようのない、妊娠した女性の身体を犯すプレイ。出産まで幾ばくも無いような、大事な時期のボテ腹を犯す事に快感を覚えてしまった男達は、容赦なくその身体を攻める!妊娠してすっかり男日照りな身体を駆け抜ける快感に女は悶える。


  • 母乳をそこら中に撒き散らす産中産後の人妻と不倫セックス

    人妻と不倫していたときのことだ。彼女は妊娠し俺の子を身籠ったようだが、旦那は気付いていないから問題ないと、責任を迫るようなことはなかった。俺は感激し、彼女のことがますます好きになり、妊娠中も身重の彼女をホテルに呼び出しては、でっかくなったおっぱいを弄んだ。


  • 男は女性を感じさせてなんぼ!それが男の値打ちじゃね!

    男は女性を感じさせてなんぼ!それが男の値打ちじゃね! 修正画像が氾濫している中で、合法的無修正がここまではOKなのかな大陰唇の更にその外は非警戒領域になるんだ。こんなに感じてくれる女性に感謝しよーぜ。静かに感じていくんだよ。そのんんんという柔らかいヨガり声が私へのご褒美になるんだからね。


  • 母乳とスペルマが混合!カスタマイズされたマシュマロ乳!

    年下の男に言われるがままにパイズリを行う美女は、乳首を絞られると先端からは白濁した母乳が!年下男は美女の柔らか乳を肉棒で感じている。やがて男は彼女の乳にザーメンを吐き散らし、母乳と精液の混じった白濁液が女のバストからだらりと垂れている……。


  • 黒く肥大化した乳首を嬲って感じる妊婦さんの自虐オナニー

    それまであまり乳首が感じなかった女の子でも、妊娠すると乳首の感度が上がる。黒く大きく勃起したままになっていく乳首。臨月が近付こうものなら、母乳まで出るようになって、エロさ倍増だ。Mっ気のある妊婦さんなら、乳首をタコ糸で縛り、ニップルクランプで挟んで楽しめちゃう。


  • エコひいき禁止! 患者全員にぶっかけられ穢されたナース

    お気に入りのイケメン患者の性欲処理をお口でしてあげるナースさん。そんな姿をほかの入院患者たちに見られて「エコひいき禁止」と言われるともう全員にご奉仕するしかない。病気でもチンチンだけは元気な患者たちが満足されるまでぶっかけられて白濁にまみれる姿がエロッ!!


  • 人妻があまりにもエロすぎてこのままイクと孕ませちゃうぞ!

    オフ会で知り合いになった人妻が、そのまま家に転がり込んで帰ろうとしない。もともと、旦那とうまくいっていないという話は聞いていたが、さすがにマズイだろうと気が気で仕方がない。人目につくのがマズイということで家にこもりきりで、やることといえばひたすらエッチ。


  • 美少女への調教は生唾を飲ますことから始めるのが王道だ

    セックスというのは、お互いの体液を交換する行為だ。そう考えないと、お互いの性器を舐めるなんて汚くてできない。まずは、生唾の交換から始めよう。それに慣れてきたら、食べ物を咀嚼して与えるとよい。それから、チンポとアナルを舐めさせ、飲尿で基礎調教は完了だ。


  • 腰の動きに合わせてプルンプルンと揺れる巨乳が悩ましいぞ

    カノジョは、胸が大きくてボディバランスが悪いことを気にしているが、俺にとっては柔らかくて弾力のあるおっぱいは、触ってよしハメてよしの極上のパーツに思える。特に、バックや女性上位のときのおっぱいの揺れ方が尋常ではなく、いつも張り切りすぎてカノジュを怒らせてしまう。


  • 妹の幼いボディを覗いてはオナニーにふけるダメお兄ちゃん

    お兄ちゃんは、妹の下着の匂いをかぐのが好きで、洗濯場に置いてあるパンティをかすめ取っては部屋でオナニーをしていたのだが、それだけでは物足りず、妹の全裸を拝みながらオナニーをすることに。隠しカメラを設置して中継するお兄ちゃんの妹好きはホンモノだ。


  • 仕事ができない新人はセクハラの対象になりがちなので注意

    年明けからOB・OG訪問をしにくる学生でオフィスは賑やかになってきた。彼らは先輩や面接官をダマす技術に長けてはいるが、実務となると全く使えない者も出てきてしまう。仕事ができないからといってセクハラすると大問題となるので注意しよう。触らぬ神に祟りなしだ。


  • 縛りつけた女にカップ麺を食わせたり汁で味つけする超変態

    女を縛りつけて身動きを封じたらやりたいこと! いろいろあると思うのだが、この男の変態っぷりは想像を絶する。カップ麺を口移しで食わせてみたり、指マンで汁を吹かせてカップ麺に入れてみたり。女の子にすれば、普通に穴を使ってもらった方が気持ち悪くないに違いない。


  • 飲み会で酔いつぶれた上司を送っていくとエロい奥様大喜び

    飲み会で酔いつぶれた上司をなんとか自宅まで送り届けた。酒席で数時間過ごしたあとで上司を担ぐ重労働。汗臭い男の臭いにエロい奥様が大喜び。腋だけでは我慢できずに、もっと臭いおちんちんを大はしゃぎしながらお口でパックン。夫が起きないのを確認してまんこでパックン。


  • お尻に張りのあるJKの尻コキは弾力がありとても気持ちいい

    女性は20歳に向かってお肌のピークを迎え、それ以降は徐々にタルんでくるものだ。お尻が最も張り出し出産の準備が万端となるのは20歳なのだが、尻コキをするなら、熟れるちょっと前のJKの尻が最もコキ心地がよい。張りがあるため硬めで、弾力もそれなりにあるから気持ちよい。


  • 妊婦さんの柔らかまんこを知った者はボテ腹しか愛せない

    妊娠すると女体は大きく変化する。授乳のための乳房の変化ばかりが注目されがちだが、出産時の産道、つまり膣壁が柔らかく柔軟になっていくのを見逃してはならない。硬い方がいい? それも一理あるが、刺激系とまったり系のオナホがあるように、まったり妊婦穴はハマるぞ。


  • 制服美少女がソックスのまま膝を折り手を添える仕草が堪らん

    制服セックスというのは、大人になったらお金を払ってしかヤれなくなるから若いうちにしておきたい。制服のままハメるのがお勧めだが、皺ができてイヤがる女の子も多いと思うので、せめてソックスだけは残してもらおう。足を持ち上げ膝を折ってするセックスは激萌えだぞ。


  • 軽音楽部の顧問はギタープレイだけでなくフェラチオも大迫力

    学生時代ハードロッカーだったことから部員たちの尊敬の念を集めている軽音部の顧問は、部員たちのよきお手本となっている。事男に対しては奥手な彼女だが、部員たちの手前“お手本”となるプレイを見せてあげなければ。そんな責任感からAVで学んだテクを披露するのだった。


  • クラスで人気者の女子の真剣フェラに支配欲がくすぐられた

    A子の舌が裏筋をチロチロと刺激すると、オレは思わず息を漏らしてしまった。カリ首まわりも丁寧になぞってくるため、着実に硬度が増していく。A子にこんなことさせていいのだろうか……。「うぅ……」。今すぐに止めなければとの思いはあるが気持ちよさには勝てないのだ。


  • 「ママの身体でお勉強しましょ」風呂場における性教育の実際

    立派な母親になろうと意気込んでいるママは、性に目覚めたばかりの息子に、自らの身体を使って“教育”を行う。促されるまま指を這わすとぽってりした肉厚の大陰唇とヒダヒダの小陰唇の感触が伝わってきた。想像もしていなかった複雑な造形に興奮を覚え夢中になっていく自分がいた。


  • 「中に出していいのよ」と母さんの三段腹が激しく揺れるっ!

    セックスは母に教わった。いまでも街中を歩いている主婦を見ると母さんを思い出す。俺がポチャ好きなのは母さんのせいだ。ハメている最中にブルンブルンと揺れる三段腹が脳裏に焼き付いて離れない。特に正常位のときは、腹の揺れが気になって仕方なくエッチに集中できないのだ。


  • 1年に1度優秀な女生徒とハメると決めている頑固なエロ校長

    もうそろそろソッチのほうは引退なさいなと、よくできた奥さまに口を酸っぱくして言われているらしいが、新任のときから心に決めたことだから曲げることはできないらしい。今年も学年で一番優秀な少女が校長の毒牙にかかる。老獪な舌先は少女の最も敏感な部分を擦り上げた。


ページ: 1 2