水野朝陽 の三次元記事一覧

  • 偉そうな女上司を酔っぱらわせて職場で電マ責めせよ!

    クールな女上司は、お酒を飲むと甘えん坊になり、男をその気にさせる。肉体の触れ合いもコミュニケーションのひとつと割り切っているのか、ヤらせてくださいと頭を下げると、素直にお持ち帰りされることも多いのだとか。ストレス発散はセックスに限る!


  • フェラチオのあとこそ賢者タイムを静かに楽しみたい

    あまり長く見ていると、先にイッちゃってるので興醒めになるので、フェラ動画は3分ぐらいでいいと思っていたが間違いだった。射精したあとに見るフェラ顔は、興奮した状態に見るのと違って、とても崇高で美しく見える。それがどんな顔の女でもだ。


  • メガネ女上司のパンストをペニスで突き破ってセフレ化

    お色気たっぷりの女上司は、パンストとメガネがよく似合う。必要以上になれなれしく、いい匂いをさせているので、ついつい夜のオカズにしてしまう。そこでは、自分が上位に立って膣奥を嬲り回すこともあれば、マグロになり上で腰を振ってもらうときもある。


  • 料理どころが子供も作っちゃうエッチな家政婦さん

    「ナカにいっぱい射精してくださいね♪」。根が真面目な人妻は、浮気目的の行動は自粛するものだ。しかし、仕事でエッチしなければならないのだったら話しは別。別の男とセックスするだなんてといってても、家族のためと説得すれば必ずヤれるのだ。


  • ディルドをお湯で温めてから挿入すると快感が倍増する

    ディルドは、音が出ないのが最大の利点。「この音が漏れたらどうしよう」なんて考えながらオナニーしていたら、 集中できずに気持ちよさも半減してしまう。一人暮らしの女の子だって、家族と同居している女の子だって安心してオナニーに励めるぞ。


  • 女ヒロインといえばおちんぽに弱いことで定評がある

    生チンポの連続ピストンに狂ったようにイキまくるヒロイン。一度悪堕ちしたヒロインなんてのは発情したメス豚にすぎない。彼女たちは最初は「くっ、殺せ !」とか偉そうなことをいってるくせして、悪の組織の下っ端たちにチンポを突き込まれると途端に快楽堕ちする。


  • 口説かれると断れない巨乳美女インストラクター

    スイミングスクールの美巨乳インストラクターを口説いて、プールサイドで中出しさせてもらった。モテないタイプではないのだが、なぜか男が寄って来ないらしく、手近なところで声をかけてくる男と寝てしまう。自分の身体の価値がよくわかっていないのだろう。


  • 穴比べができるハーレムこそ男の目指す究極のセックス!

    男も女もハーレム展開が好きだ。女の子はひとりひとり違うから、穴比べをすることで優越感を味わうことができる。問題は乱交を好む女性は希少なため結局、1つの穴の取り合いになってしまうことだ。気持ちいいのは女の子だけということが現実には多い。


  • エロ奉仕は必須!CAに必要なのは語学力だけではない

    英語がしゃべれるだけでお高く止まっている女をレイプしたいのは、世界中の男たちの共通願望となっている。接客業であるCAが人気なのは、その制服と美女が多いから。日本人なのに英語をしゃべらせながら、オッパブのように接触サービスをされてみたい。


  • 男もマグロがいい!若い男を食いまくる女教師と濃厚SEX

    最近、男がマグロで嫌だという声をよく聞く。なんでも、痴女AVの人気で、ヤリチンたちが女に奉仕することなく、自分が奉仕されることを要求するらしいのだ。女の子はマグロで気持ちよくしてもらいたいみたいだが、たまには犯されたいのが男の本音なのだ。


  • 家庭教師先のイケメン少年に彼女が寝取られちゃった…

    週に一度、近所に住む高校生の家庭教師として勉強を教えていた彼女。ある日、うとうと居眠りしてしまったところを、むっちりボディにイタズラされてしまう。それでチンポがギンギンになってしまった高校生に、無理やり処女を奪われてしまったのだ…。


  • いくら家庭が一番といってもSNS不倫は止まらないのだ

    家族を大事にしなければという価値観から、不倫する男女に世間は冷たい。以前は「男の甲斐性」とかうそぶかれていたが、時代が変わったのだ。しかし、不倫カップルは増加の一途をたどっている。それは、LINEをはじめとするSNSの隆盛ぶりからもよくわかる。